第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチのかけ方(土田のオカルト)

55.型が入ったらリーチ(約5分10秒)

ここでは、型に入れるリーチの積み重ねについて解説します。

動画固定を解除する
前へ55次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 型が入ったらリーチというのが基本です。麻雀は、和了りに行くゲームではなく、型を作りに行く、型を育てていく、そういうゲームです。三色や一気通貫など、型が入っていたらリーチをかけてツモ和了り、自分の力で型を完成させることで、素晴らしい線になっていきます。これが麻雀の醍醐味です。型よりも待ちの良さを選びたいときは、リーチをかけずにダマテンにしましょう。

一萬二萬三萬赤五萬六萬七萬五筒七筒八筒五索六索七索九索九索

 五筒を切れば、和了りやすい六筒九筒の待ちです。ですが、ここは八筒を切って、カン六筒待ちで三色の型が入るリーチをかけます。それでも六筒九筒待ちにしたい人は、強気になれていないのでダマにしてください。これは練習であり、積み重ねです。型を入れていく積み重ねが、重なれば重なるほどツモれるようになります。ここで五筒を切る人は、九筒を引きます。八筒を切る人は、九筒よりも六筒を数多く引いてきます。これがオカルトの真髄です。

九萬九萬一筒二筒三筒四筒六筒七筒七筒八筒九筒赤五索六索七索

 一気通貫が狙えます。一筒を切って、リーチ、平和、赤1と行きたいところですが、ここは七筒を切って、カン五筒待ちでリーチです。最初は体がまだ弱いので、打ち勝つツモの力がなかなか付いてきませんが、積み重ねていくことで、強さが必ず自分の身に付きます。

一萬二萬三萬七萬八萬一筒一筒一筒二筒二筒八索八索八索

 ドラは一萬で、六萬九萬待ちでテンパイしています。リーチをかけたくなるかもしれませんが、この手牌は三暗刻の型が入る寸前です。二筒を暗刻にするか、七萬八萬を重ねてシャンポンでリーチというように、三暗刻の型を入れにいかなくてはいけません。

前へ55次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ