第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチのかけ方(土田のオカルト)

49.6巡目までのリーチ(約3分50秒)

ここでは序盤の聴牌でのリーチについて解説します。

動画固定を解除する
前へ49次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 6巡目までのリーチに関して、オカルト的に解説をします。

一萬三萬五萬六萬七萬四筒赤五筒六筒七筒三索四索五索九索九索ツモ

 ドラは九索です。例えば、5、6巡目にこの手牌を聴牌したとします。満貫がありますので、普通はリーチにいくと思います。しかし、オカルト的には6巡目までの聴牌はよく吟味します。まだ伸びる、待ちが良くなると思ったら、軽率なリーチはしません。早いリーチは十分に勝算がある構えで行くか、もしくは待ちが悪い場合は手役がきちんと絡んでいるかで判断します。

一萬三萬五萬六萬七萬赤五筒六筒七筒五索六索七索九索九索

 ドラは同じく九索です。三色、ドラ3のこの形でしたら、カン二萬でリーチです。

一萬三萬五萬六萬七萬四筒赤五筒六筒七筒三索四索五索九索九索

 そして冒頭の形に戻りますが、この形では役がなく、待ちも良くないのでカン二萬でのリーチは駄目です。四筒赤五筒六筒七筒の部分は、三筒八筒を引くと三面待ちになります。六筒五筒を引くと両面待ちになります。三萬五萬六萬七萬の部分に四萬を引くと三面待ちになります。こうして平和になれば今度はリーチをしなくてもいいです。

 デジタル派と称する人たちは、手変わりする前に二萬が打たれたら、和了り損なっている上に相手にチャンスを与えてしまうと反論をしてきますが、気にすることはありません。やはり麻雀は深く、深く打たなければいけません。きちんと手牌を育てましょう。

前へ49次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ