第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

2.天運・地運・人運(約4分50秒)

「天運・地運・人運」3種類の運について語ります。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 天運、地運、人運。麻雀をしている最中には、これらの運がいろいろな働きをしてくれます。

 天運というのは、その日に持ってきた自分の運。つまり、天から与えられた運です。
二筒三筒四筒二萬三萬四萬七萬八萬二索三索六索六索六索
 天運の高い日は、往々にして1回戦目の東場あたりで強烈な手が入ってきます。例えばこのような配牌を手にしたりします。第1ツモが四索だと、ダブリー、ピンフ、三色です。一索だとしても、ダブリー、ピンフで、ドラが1つでもあれば満貫になりますので十分です。ダブリーではなくても、ドラが3枚あったり、裏ドラが2枚、3枚のったりします。

 人運とは、人から奪っていく運気です。あるいは、Aさんにはよく振り込むが、Bさんからはよく和了るといった、人と人との関係による運気です。3人とも関係が良ければ、その日は間違いなく勝ちます。ただし、人の運は心が動いたときに手放されることもあり、麻雀をしている最中に人運が逆転することもあります。アヤ牌などで言われるアヤは、人と人とが絡み合っているときに解消されたりします。人運は局面に大きく作用してきますので、麻雀は1対3のゲームではなく、1対1のゲームだと思います。

 天地人の地にあたる地運とは、自分の力で作り出す運気です。腕が良い人は地運づくりが非常に上手です。
二筒三筒四筒二萬三萬四萬七萬八萬二索三索六索六索六索 一索
 第1ツモで一索を引きましたが、ダブリーはかけません。六索を切ってテンパイを取るか、ツモ切ります。それは、ただ楽に和了ることではなく、その日の運気に関わらず工夫を入れて、求めている形にもっていくことに力点を置くことが地運づくりのキーポイントだからです。辛いところに自分をおいて打つことに、地運の面白さ、深さがあります。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ