第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

七対子の奥義(土田のオカルト)

108.テンパイしたらリーチ(約4分40秒)

七対子の奥義の1つをご紹介します。

動画固定を解除する
前へ108次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 七対子は、テンパイしたら即リーチが基本です。イーシャンテンの段階で重なりそうな3枚を残しているので、テンパイ時は残りの2枚から勘で1枚選ぶだけです。親でチートイ、ドラ、ドラの9600点などの場合で、黙っていたら出そうというところはダマにしていても構いませんが、リーチをかけてツモって6000オール、裏が乗って8000オールといくのが七対子の醍醐味です。出和了り狙いで1枚切れの字牌でリーチをかけているようでは上達しません。

四萬六萬六萬七萬七萬四筒四筒赤五筒五筒赤五索六索六索八索

 赤牌以外のドラはありません。四萬五索八索をそれぞれ引いてきたときを考えてみましょう。

 四萬を引いてきたときは八索切りのダマでは駄目です。リーチをかけるというのが基本ですから、ツイているときは八索を切ってリーチ。運量が普通以下の時は赤五索を切って八索待ちになりますが、今は出にくくなっているので、即リーチをしないほうが八索は出てくるかもしれません。

 五索を引いてくるときは相当運量が高いです。七萬の筋の四萬五索の筋の八索、どちらかの筋トイツを活かします。後から重なった筋トイツのほうが引力が強いので、八索タンキでリーチします。

 八索を引いてきた場合も、後から引いてきた筋待ちで即リーチというのが基本です。運量が普通以上なら赤五索タンキの即リーチでいいですが、ツイてないときは赤で待っても和了れませんので、四萬タンキでリーチします。

前へ108次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ