第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

92.優勢の時こそ工夫した手筋を(約3分30秒)

優勢なときに妥協してはいけません。たとえ和了れなくとも優勢なときなりの手順を追いかけましょう。

動画固定を解除する
前へ92次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 グーンと上がってきているときというか、優勢なとき、よし、いけるぞって、確かな手応えを感じているときは、いい気にならないことが大事です。高くなりそうな手がやってきたら、急がずに、工夫した手順を織り成していくということがとても大事なんです。慌てちゃいけません。目先の和了れそうなテンパイに惑わされちゃいけません。

 例えば、この手牌。

五萬六萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒六筒七筒四索赤五索六索

きれいな手ですね。四萬がドラで優勢な状態で迎えた親番です。四萬さえ入ればもう大変ですよ。タンヤオ、三色、ドラ、ドラ。三筒七筒が頭になってもいいかなと考えていたところに、九萬を引いてきた。五萬を横に曲げてリーチをかければ、二筒五筒八筒待ち。多くの人が、たぶん親番ということも意識して、この五萬切りリーチに賛同してくれると思います。でも、どうかな?急ぎすぎじゃないですか。巡目の問題も多少ありますけれども、10巡目ぐらいでもテンパイを取っちゃいけません。もっともっと伸びる手なんだから、すくすく伸びている途中で手にふたをするということは断じてあってはいけないんです。ですから、この九萬はツモ切りする。和了れなくてもいいです。二筒五筒八筒での和了が先にあるかもしれない。この手がテンパイしたところで終わってしまうかもしれない。でも、そこが大事なんです。優勢なときは、自分のエネルギーに見合った手順を追いかけていくということが大事です。

 この手牌もそうです。

二萬二萬三萬三筒五筒六筒七筒四索五索六索七索八索九索

九索がドラです。まあまあのイーシャンテン。一索を引いてきた。一気通貫の目ができた。カン二索かペン三索、どちらも大した待ちじゃないので、どうなのかなって思うのが間違いなんです。一気通貫のテンパイを作るという目標ができたことが大切なんです。そこで、三萬切り。保険をかける意味で、二筒四筒を引いてきたら素直にリーチ、平和、ドラ1で折り合ってもいいです。けれども、狙いは二索三索引きですから、そこに照準を合わせ、意識を高めて、一萬四萬のリャンメンにこだわらずに雀頭固定の三萬を打って、優勢な自分の手順を繰り出していくと。

 この打ち方ができるようになれば、持っている運がもっと上がっていく。見えないぐらいまで上がっていくのが一番いいので、天まで届くような打ち方をしてほしいなと思っております。

前へ92次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ