第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

字牌の扱い方(土田のオカルト)

47.雀頭での活用(約3分20秒)

ここでは、オタ風の字牌を頭として活用することの重要性について解説します。

動画固定を解除する
前へ47次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 雀頭を見ることで麻雀の腕がわかりますので、和了が出たときは確認するようにしましょう。特に平和の手や、リーチ、ドラ1といった手で、オタ風を雀頭に使っている人はかなり腕が良いです。ただし、タンヤオ平和は例外です。雀頭を作るのは本当に技術が必要で、腕の良い人は、オタ風を頭に持ってくる習慣を持っています。

一萬三萬四萬六萬五筒赤五筒六筒四索五索七索八索西北九索ツモ

 西北は1枚切れです。西北に手をかける人はまだ技術が足りていません。一萬を切る人は腕が良いです。

三萬四萬六萬五筒赤五筒六筒四索五索七索八索九索西北北ツモ

 次に北を引きました。五筒切りでも西切りでもいいですが、西を残すことによって相手からリーチがかかっても回せる形になります。

三萬四萬六萬赤五筒六筒四索五索七索八索九索西北北七萬ツモ

 次に七萬を引きました。ここで相手からリーチがかかっても、選択できる範囲が非常に多くあり、北を落としていっても、四萬あたりが雀頭になったりすることもあります。

四萬四萬六萬七萬赤五筒六筒四索五索七索八索九索

 つまり、オタ風をトイツにすることで回しやすくなり、安定した手牌になります。ですから、雀頭はオタ風というイメージをいつも持ちながら打ちましょう。

前へ47次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ