第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

68.運量により初動を変える(約5分20秒)

状態によって、仕掛けの初動を変える事の大切さと、その手法について解説します。

動画固定を解除する
前へ68次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 仕掛けの基本は初動にあります。どこから仕掛けるかによってガラリと展開が変わるのが麻雀でございます。意図的に仕掛ける場所、初動をかける場所を変えていくのが技術です。なぜ初動をかけるポイントを変えていくのかといいますと、相手がどこから鳴いていくかによってツモ順が変わるということもさることながら、平々凡々、当たり前の仕掛けをしてうまくいくのかどうか、そういう時間帯なのかどうか、ということを強く考慮し、配慮しながら打たなければいけない、と私はオカルト的には考えております。

 ちょっと抽象的な言い方になりましたが、自分の状態が普通のとき、たくさん点数があるとき、点棒がないとき、それぞれの状態で初動を変えたほうがいいんです。運が下がっている人は、初動を変えることで手順を変えて、そこに活路を見いだす。具体的な説明としてこの手牌をご覧いただきたいと思います。

一筒二筒三筒四筒五筒赤五筒六索七索北北白中中

 三筒がドラです。初動をかけられる場所は何箇所ありますか?三筒六筒のチー、五筒のポン、五索八索のチー、北のポン、中のポン、の5カ所が初動をかけられるところです。屁理屈を言えば、一筒のチーや二筒のチーだってあります。そんなことしないでしょうから、例外的なことを除いてこの5カ所です。この5カ所のどこから仕掛けるかを、自分の持っている運の量によって変えていく、ということが大事なんです。

 もちろん中のポンから入るのが普通です。点数をたくさん持っているときは中のポンから入って、打牌は六索七索のどちらかです。普通の時は、中のポンから入って、白の打牌で何の問題もありません。五索八索という良いリャンメンは残しておいたほうがいい。ただ、ツキがあるとき、運の量があるときは、中をポンした時点で混一色を目指して、六索七索を切っていくと。何とかドラの三筒をもう1枚入れて、混一色、中、ドラ3、跳満を狙うという目的です。

 これは並以上のときの打ち方ですが、それよりもちょっと下がってきていたら、五筒のポンもしくは三筒六筒のチーから入ります。三筒がドラなので、三筒のチーはできないでしょうから、六筒のチーか五筒のポンから入るのが初動として望ましいです。筒子部分から処理して、残りは、後付けになりますが、中ポンして五索八索という形を狙うのが、ちょっと下がってきたときの打ち方でございます。いわゆる中バックというやつですね。

 北のポンから入るのは、25点から30点ぐらいの出来のときです。北をポンして、一筒を切る。もう筒子はここで打ち止めにしておいて、中をポンして五索八索、あるいは五索八索をチーして中のバックという形で、初動を北のポンから入るという手もあるんです。

 最悪の状況のとき、一番底辺にいるとき、「ツイてねえな、俺」というときには、五索八索のチーから入る。禁断の部分から手をつけるということが、運を転換していく仕掛け打法の基本なんです。

 いつでも何でも中のポンから入らなきゃ嫌だとか、出るポン、出るチーで、どこから出てもいいやと、出たところから喰えばいいんでしょみたいに考えるのは浅はかですよと。自分の運の上げ下げによって仕掛けていく場所を変えていくと。オーソドックスに役牌から仕掛けていいのは、やっぱり安定した状況にあるとき。あるいはまだ何も、海の物とも山の物とも分からない時期は、きちんと基本どおりに中のポンから入りましょう。

前へ68次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ