ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

68.運量により初動を変える(約5分20秒)

ここでは、状態によって仕掛けの初動を変える事の大切さと手法について解説します。

動画固定を解除する
前へ68次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 仕掛けの基本は初動にあります。どこから仕掛けるかによって展開は大きく変わります。意図的に仕掛ける箇所や、初動をかける箇所を変えていくのが技術です。それは、鳴きによってツモ順が変わることや、当たり前の仕掛けをしてうまくいくのか、そういう時間帯なのかということを考慮する必要があるからです。自分の状態が普通のとき、点数がたくさんあるとき、点数がないときで初動を変えます。運が下がっている人は、初動を変えることで手順を変えて、そこに活路を見いだすようにします。

一筒二筒三筒四筒五筒赤五筒六索七索北北白中中

 ドラは三筒です。初動をかけられる箇所は、三筒六筒のチー、五筒のポン、五索八索のチー、北のポン、中のポンの5カ所あります。どこから仕掛けるかは、自分の持っている運の量によって変えていくことが大事です。

 点数がたくさんあるときは中のポンから入って、六索七索を切っていきます。ドラの三筒をもう1枚入れて、混一色、中、ドラ3の跳満を狙います。普通のときは中のポンから入って、五索八索という良いリャンメンを残して白を切ります。点数がないときは五筒のポンか三筒六筒のチーから入ります。先に筒子部分から処理して、後付けで中をポンして、五索八索待ちでの和了を狙います。

 北のポンから入るのは、25点から30点ぐらいの出来のときです。北をポンしたら一筒を切ります。筒子はここで打ち止めにしておいて、中をポンして五索八索待ちにするか、先に五索八索をチーして中の待ちにします。最悪の状況のときは五索八索のチーから入ります。禁断の部分から手をつけるということが、運を転換していく仕掛け打法の基本です。安定した状況にあるときや状態が不明なときは、基本どおりに役牌から仕掛けましょう。

前へ68次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ