第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチへの対応(土田のオカルト)

76.運量の差での判断(約4分50秒)

ここでは、ツキの状態によって変わるリーチへの対応について解説します。

動画固定を解除する
前へ76次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ツイている人というのは手に負えません。逆らうとろくなことはありません。逆に自分がツイているときは、相手のリーチは怖くなくロンされる気がしません。こういったことを実戦で上手に活かすようにしましょう。

 5、6万点もあるときに、親のリーチだからと降りるような考え方は、運の量に意識がいっていない、ただの保身です。調子が良くてイーシャンテンぐらいのときに、他家のリーチに降りると運は落ちていきます。リーチがかかってないとしても、進める気がしないような手はやめてかまいません。この習慣をつけるだけで、かなり勝率が変わります。

 逆に、調子が良くなく、たまたま良い手が入ったときに、他家からリーチがかかり通ってない牌を持ってきたら降りましょう。例え役満をテンパイしていてもです。麻雀というのは、運の差によって結果が導かれることが非常に多いゲームです。勝ち組になりたければ、ツイているときは、自分に吹いている風にゆだねながらまっすぐに打ちます。劣勢になって日が当たらない、つらい時間帯は我慢します。運量の差を考えながら打てると、また一つ麻雀の奥深いところに触れられると思います。

前へ76次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ