第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

65.マーク者の河を見る(約3分)

前回、運の量を基準としてダマ聴かリーチかの判断をするということをお話ししました。この判断基準に、自分がマークしている人の打牌を見て判断するという方法があります。ここでは、マークしている人の河を見て、どのように判断するかについて解説します。

動画固定を解除する
前へ65次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ダマ聴に構える理由について「何でダマなの?」と聞かれたときに、こういうケースがあります。その局に、自分がマークしている人の河、捨て牌を見てみましょう。マークというのは、親だけではありません。その局その局で、マークする人は変わるんです。もちろん、点棒を持っている人をマークするというのもあるでしょう。でも、一番気にしなければいけないのは、今にもその人からリーチがかかりそうというときなんです。

 それは、3・5・7の牌が1段目の捨て牌、あるいは2段目の初め辺りの捨て牌を含めて2種類以上切られたときです。そんなときは要注意です。今にもリーチがかかりそう。そんなときに先制リーチを打つと逆襲されます。マークしているということは、相手にしていない、点棒がない人という意味ではありません。ですから、そういうときはちょっと自重して、ダマに構えて、そっと和了ってしまう。

 あるいは、マークしている人の捨て牌に自分の和了牌があるときです。役がないと和了れませんから、黙っているとちょっと厳しい。でも、平和、ドラ1などの役があるときに、自分の待ちが五筒八筒で、マークしている人の河に八筒があった。このときは、マークしている人が今、主役なんだから、主役の河を利用して、みんなの注目を集める。自分の待ちを安全牌だと思わせて自分がロンをする。マークしている人の河を利用するということです。

 もう1つ。マーク者が大物手をやっている。ドラをポンしたり、何かの一色をやっていたり、トイトイで派手に役牌をポンポンしていたりする。明らかに高いじゃないですか。大物手って分かっているわけです。そこに飛び込むのはおバカさんです。戦うということと無謀ということは紙一重なんです。マークしている人が派手に動き始めたら、自分は聴牌したらダマに構える。これが基本なんです。よろしくお願いします。

前へ65次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ