第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

序盤の思考(土田のオカルト)

29.シャンテン数にこだわらない(約4分30秒)

ここではシャンテン数にこだわらず、手役を育てることについて解説します。

動画固定を解除する
前へ29次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 和了りたい気持ちは抑えて、序盤はシャンテン数にこだわらず、ゆったり構えることがオカルト的には非常に有効な戦略です。

三萬四萬六萬七萬二筒三筒四筒五筒三索四索八索発発赤五萬ツモ

 ドラは七索です。八索七索の受けとして持っています。八索を切れば、2・3・4と3・4・5のどちらの三色も狙えます。しかし、発を切ると、一向聴から二向聴に落ちますがタンヤオやピンフがつき、ドラを引くと打点が大きく変化します。

三萬四萬赤五萬六萬七萬二筒三筒四筒五筒三索四索七索八索

 ここに赤五索を引いて二筒を落とし、六萬を引いて七萬切りで、立直、平和、三色、赤、赤、ドラ、ツモると親で8000オール、子で4000・8000です。せっかく赤五萬を引いたのですから、発を2枚落としてシャンテン数を1回下げて、大きく手役を狙っていく打ち方が大事です。

六萬七萬一筒一筒二筒三筒三筒五筒七筒八筒東中中九筒ツモ

 ドラは八萬です。東を切れば一向聴です。ドラの八萬が来て五筒を切れば、立直、一盃口、ドラ1になりますが、小さく収まってはいけません。ここは六萬七萬を切って手牌を育てます。東が場に2枚出ていたとしてもです。二筒四筒六筒などを引いてくるのかどうかを楽しみにしてください。そうやって手を育てていけば、誰よりも強くなる可能性、勝てる可能性が出てきます。

前へ29次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ