第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチのかけ方(土田のオカルト)

59.手止めリーチはない(約4分)

ここでは、手牌を育てる、可能性を広げるための考え方、打ち方について解説します。

動画固定を解除する
前へ59次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 手止めリーチとは、親番で9巡目ぐらいまでにリーチを打てば、子の手牌進行を止められるという考え方です。本手や、納得のいく形や、手替わりが見込めない半端な形でリーチをかけることはあるかもしれませんが、手止めや後スジでの降り打ちを狙うような、親番の有利なところを利用するリーチで、まだ伸びる手牌にふたをすることはいけません。手牌は育てていくものです。

一萬二萬三萬四萬五萬六萬八萬八萬赤五筒六筒六索九索九索四筒ツモ

 親番で6巡目に四筒を引きました。九索八萬も場には出ていません。六索を切ってリーチといけば、一発で九索が出てくる可能性がありますし、八萬も端のほうに寄っている牌ですから、比較的和了りやすいです。しかし、オカルト的にはそれでは育っていきません。手牌にふたをする、成長を止めるリーチになってしまいます。八萬を切れば七萬九萬四索五索で三色か一気通貫の型が入ります。ペンチャン待ちになってもかまいません。目先の損得勘定に振り回されたリーチは、成長を止める行為で、自分で自分の首を絞めていることになります。

一萬三萬四萬五萬六萬一筒一筒一筒七筒八筒八筒二索三索四索ツモ

 ドラの四索を引きました。親だと七筒を切ってリーチをかける人が多いと思いますが、それではダメです。一萬を切って、育てましょう。六筒九筒七萬赤五萬引きなど、いろんな可能性があります。

前へ59次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ