ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

一色手の作り方(土田のオカルト)

153.メンホン七対子への決断(約4分10秒)

一色手とメンホン七対子のどちらを狙うべきか、決断するための条件を考えます。

動画固定を解除する
前へ153

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 一色手をやっていて四つトイツがあるときは、七対子にするか動いていくかという決断をしなければいけません。決断の条件は役牌です。役牌がトイツである手は動いていきましょう。また、連続形でトイツがあるときも七対子ではなく面子手にする方がいいです。

二筒二筒三筒四筒四筒五筒七筒九筒九筒南南北中五筒ツモ

 ドラは違う色です。普通は孤立している字牌のどちらかを切りますが、五筒七筒で色が分断されています。手牌に六筒八筒がなく、さらには南がオタ風です。この場合は、五筒を引いてメンホン七対子のイーシャンテンになったので、場に出てきやすい北中は残して、三筒七筒のどちらかを切ります。七筒四筒の筋なので、筋トイツということもありますから、三筒のほうを処理します。

前へ153
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ