第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

オカルトの基本(土田のオカルト)

8.和了に重きを置かない(約3分20秒)

ここでは、麻雀は和了るゲームではなく、育てるゲームであるということを解説します。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 和了に重きを置かないとは、和了ることに執着していないわけではなく、和了りの形に対して手牌と向き合うことです。チャンス手が来たときに、どこまで挑戦し切れるかです。そのためには和了れなくてもいいという思いがないと、貫徹できません。

二萬三萬九萬九萬九萬一索二索三索一筒三筒七筒八筒九筒

 親番でドラは一索です。一向聴です。一萬二筒が入ればベスト、一筒でもよいというところに三筒を引きました。一萬四萬待ちで、リーチ、ドラ1、裏が乗ると7700ですが、こういうリーチをかける麻雀を私はしておりません。和了れると思いますし、和了れなくても親番を維持できる可能性は高くなります。しかし、そのような形でテンパイするのは勿体ないですし、違和感も残りますので三筒はツモ切りします。四萬が来てもツモ切りします。そうこうしている内に子に和了られてもかまいません。

一萬二萬三萬九萬九萬一索二索三索一筒二筒三筒七筒八筒九筒

 やはりこのような和了りの形を目指しましょう。少なくともジュンチャンで仕上げます。そのためには一萬がどうしても必要です。安目を引いたらツモ切りすればいいだけです。麻雀は和了るために打つゲームではなく、育てるゲームです。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ