ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

67.打点系ダマ聴(ダマテン)(約5分10秒)

良い手牌の時にリーチをかけず、ダマ聴に構える利点について解説します。

動画固定を解除する
前へ67次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 基本的に高い手牌はリーチをかけたほうが、場がロックされる事でツモりやすくなるので、そういった形に持ち込んだほうが爆発していくことが多いんです。しかし、打点形でもダマ聴をしたほうがいい手牌というのもけっこうありまして、黙っていたら出てくるというか、すぐロンできる状況、あるいは選択できる状況というのがあるわけです。もう皆さんもご存じだと思いますけれども、例えばこの手牌。

二萬三萬一筒二筒三筒七筒八筒九筒一索二索三索九索九索

 純チャン、平和、三色。跳満じゃないですか。でも、高目と安目では、親だと1500点と1万8000点、子供だと1000点と1万2000点の違いがあります。これが次のような形であれば、リーチしたほうがいいと考える方も増えてくると思うんです。

一萬二萬三萬一筒二筒三筒七筒八筒一索二索三索九索九索

これでも私はダマにすることが多いですけどね。だって、黙って九筒を待っていれば、跳満なんだもん。ましてや、この形であれば、黙って一萬を待っていればいいんじゃないかなと思われますよね。

二萬三萬一筒二筒三筒七筒八筒九筒一索二索三索九索九索

欲張らない。これ以上高望みはしないと。じゃあ、これはどうですか。

四萬赤五萬六萬七萬八萬二筒二筒四筒五筒六筒四索赤五索六索

 4・5・6の三色、赤赤。九萬がタンヤオにならない。でも、平和、三色、赤赤で満貫。六萬だと、タンヤオ、平和、三色、赤赤で跳満。三萬なら、タンヤオ、平和、赤赤で満貫。どれが出ても満貫か跳満という素晴らしい手牌ですよね。リーチ行きたいなと思う人もけっこういらっしゃるかもしれませんが、打点形のダマを組むとき、よほど調子が良ければ、私はリーチします。自分の位置エネルギーが高いんですから、リーチしてもツモれるかなという感じで、跳満以上になるリーチをかけます。
調子がそこそこで可も不可もない様な時であれば、もちろん確実にダマで高打点の手をヒットさせたほうがいいんじゃないかなと。そこそこ、調子が可も不可もない様な時であれば、もちろんダマで、確実に高打点の手をヒットさせたほうがいいんじゃないかなと。こんなときもあるんです。

一筒一筒三筒四筒赤五筒二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬

 志が低いと思わないで聞いてくださいよ。一気通貫、三面張。リャンメンなら、まだダマで構える人も多いと思うんですけど、三面待ちで赤が入っていたら、安目をツモったときに、5200点とか、親だと2600オール。裏ドラもあるから、満貫になりやすいといえばなりやすいんですけれども、ダマに構えるのはつらいなという方はけっこういらっしゃると思います。でも、一萬四萬七萬一萬が、ポロッと出てくれば満貫ですよ。

一筒一筒三筒四筒赤五筒一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬

 あるいは、こういう三萬六萬九萬の三面形もありますよね。九萬で満貫です。これをじっと耐えて、三萬六萬も和了らないで、九萬の満貫だけ狙ってダマ聴するときを作ってみてくださいよ。いつも三面張だからリーチという考え方からは卒業して、こらえたダマで、高目だけ和了る。一萬四萬七萬待ちですけど安目の四萬七萬は和了らない。時と場合で使い分けながらそういうダマも必要なんじゃないですか。勢いに乗ってリーチというのもいいんですけど、リーチって踏み切れないような状況というのはあるし、そういうときは黙っていて、ポロッと出てくる高目を待ち、安目は拒否すると。ツモってしまったら仕方ありませんけど、私はそんな打ち方も必要なんじゃないかなと思っております。

前へ67次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ