ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチのかけ方(土田のオカルト)

56.ツモり四暗刻は99%リーチ(約4分50秒)

ここでは、なぜツモり四暗刻はリーチなのか解説します。

動画固定を解除する
前へ56次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ツモり四暗刻は99%リーチです。リーチをかけて場をロックすることで、振り込みたくないという気持ちも含めて相手3人に緊張感を持たせて、場が緩まないようにします。ダマテンしていると、あっという間に決着がついたりする局も、リーチをかけることによって場が長引き、ツモる回数が増え、四暗刻が生まれやすい環境になります。

 残りの1%は、先制リーチをかけられているときです。追いかけリーチをすることで他家の手詰まりを引き起こしてしまい、先制リーチに打ちこまれることがあるので、リーチはかけないほうがいいです。しっかりした4人で打っているときはいいですが、そうではない面子の場合は、どうしても追いかけリーチが警戒されます。ただし、9巡目くらいまでの早いリーチ同士だと、訳が分からないので、追いかけリーチしておいたほうがいいです。

三萬三萬九萬九萬九萬四筒四筒七索七索七索北北北

 北家で、ドラは七索です。ダマでロンしたら、トイトイ、三暗刻、北、ドラ3で、倍満が確定している手です。それでも、ツモり四暗刻でリーチします。どんなに高い手でも、待ちが良くなくてもダマにしてはいけません。四暗刻というのは、自分の腕次第で和了れる回数を増やせます。四暗刻をツモるんだという気概で、99%リーチしてください。

前へ56次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ