第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチへの対応(土田のオカルト)

81.早すぎるリーチへの対応(約3分40秒)

3巡目、4巡目の早すぎるリーチでも待ちを予測する事ができます。捨牌やリーチ宣言牌から待ちを予測する方法を解説します。

動画固定を解除する
前へ81次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 早いリーチは待ちが分からないですよね。でも、今回、この講座を見た方は分かるようになるんです。すぐ実戦で活用できます。

 早いリーチは七対子が多いです。第1打、第2打を見ましょう。第3打、第4打でリーチがかかってくることが多いんですが、第1打、第2打に2から8までタンヤオ牌が入っていたら、まず七対子を疑って、字牌を切らないでください。七対子の早いリーチは、筋か字牌で待っていることが圧倒的に多いですから、第1打、第2打にタンヤオ牌を切っている早いリーチは七対子だと思って、筋と字牌、できれば1・9牌も切らないほうがいいと思います。あとは通りますから。

 それから、1や9を切っての早いリーチ。これは、字牌と数牌のシャンポンリーチが多いです。4巡目くらいに1や9を切った早いリーチは字牌とシャンポンかもしれないなと思って、このリーチにも字牌を打たないほうがいいです。

 3番目。早いリーチがかかり、リーチ宣言牌が字牌ではなく数字の牌だったら、例えば二筒を切ってリーチだとしたら、私の今までの経験上、筒子、萬子、索子、3種類の色がありますが、筒子が一番通りやすいです。八萬を切ってリーチと来たら、萬子が一番通りやすいです。「本当かよ」と疑っている人いますね?試してください。安全牌がなくなったら、そこを頼りに打ったらいいと思います。

 整理します。早すぎるリーチへの対応は、第1打、第2打にタンヤオ牌が入っていたら七対子が濃厚。字牌と筋は打たない。できれば1・9牌も打たない。それから、早いリーチのリーチ宣言牌が1や9だったら、字牌とのシャンポン待ちである事が多いので、このリーチに対しても字牌は切らない。シャンポンの相方で当たったらしょうがないですが、字牌は切らない。3番目。早いリーチの場合、リーチ宣言牌の色は比較的通りやすいです。八索を切ってのリーチであれば索子は通ると思って、萬子と筒子を警戒してください。以上、早いリーチへの対応3点、これを知っているだけで勝率はまた上がります。

前へ81次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ