第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチへの対応(土田のオカルト)

77.打点で判断すべからず(約5分40秒)

ここでは、先制リーチ者との関係を踏まえた上での押し引きについて解説します。

動画固定を解除する
前へ77次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 相手からリーチがかかったときに、手が良いときはいつもまっすぐ行き、手が悪いときはいつも降りるという打ち方では、勝率は上がりません。48勝52敗ぐらいまでは行きますが、53勝47敗にはなりません。先制リーチがかかった人との関係性、ツキの差、相性などを考えて、相手のほうがツイていると思えば降ります。

一萬一萬一萬三萬二筒三筒一索二索三索七索八索九索九索

 ドラは三索です。二萬が入れば、純チャン、三色で倍満まで狙えます。ここで相手からリーチがかかり、五筒を持ってきました。相手のほうがツイているなら降ります。一萬が安全牌なら全部切ります。手が良いから前へ進むというのは中級止まりです。

二萬三萬四萬六萬八萬三筒三筒五筒七索八索九索東東

 ドラは五萬です。親からリーチがかかりました。ドラもなく自分の状況もあまり良くないところで、四筒を引いてテンパイしました。厳しいですが、通っていない三筒を切ってドラそばのカン七萬待ちで、追いかけリーチにいかなければならない局面もあります。そこに勝機が隠されているときがあります。点数は親が1万点ぐらい上でも、その人との関係性や相性が悪くなければ、敢然と追いかけて和了ることで、形勢が大きく有利になるということを、勝率の高い人は知っています。だから、麻雀は難しいのです。降りるのは簡単ですが、それでは中級止まりです。もっと麻雀が強くなりたければ、このカン七萬待ちで追いかけリーチを打てる場面も作れるようになりましょう。

前へ77次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ