ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチへの対応(土田のオカルト)

77.打点で判断すべからず(約5分40秒)

先制リーチ者との関係によって、自分の手の打点に関わらず追いかけるのか、降りるのかを判断する局面があります。その考え方を解説します。

動画固定を解除する
前へ77次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 相手からリーチがかかりましたが、自分の手が良いのでまっすぐ行きます。誰でもやることなので、これでは勝率は上がらないです。相手からリーチがかかりましたが、自分の手が悪く待ちの形が良くないのでやめます。相手のリーチに向かう必要がないのでやめます。みんな常識的な話でしょ。それだと、48勝52敗ぐらいまでは行くんですけど、53勝47敗にはならないです。どんなに良い手でもやめられる、あるいは、どんなに形が悪くても追いかけリーチできる胆力がないと。それは何によって判断するのか?

 先制リーチがかかった人との関係性、ツキの差だとか、相性だとかを考えて、相手のほうがツイているなと思えば、例えばこんな手でも、やめる。

一萬一萬一萬三萬二筒三筒一索二索三索七索八索九索九索

三索がドラで、純チャン、三色。二萬さえ入ってくれば倍満まで行ける手。相手からリーチがかかり、五筒を持ってきました。やめです。一萬が安全牌なら、全部切る。「何だ、そのヘナチョコ麻雀は」って考えないでください。冷静に、やめようか、どうしようかを考えましょう。手が良いから前へ進むというのは、中級止まりです。初級から中級の方の考え方。手が良くてもやめられる判断ができるかどうか。相手との関係をよく考えて、「やめた」ってできるかどうか。これは大きな問題です。

 それから、この手牌をご覧下さい。

二萬三萬四萬六萬八萬三筒三筒五筒七索八索九索東東

親のリーチがかかりました。ドラも何もない。自分の状況もあまり良くない。そこに四筒を引いてきて、テンパイしました。ドラは五萬です。リーチできますか? できないでしょ。三筒も通ってないんです。親のリーチです。ドラそばのカン七萬待ちで追いかけリーチできないでしょ? でも、歯を食いしばってリーチと行かなきゃいけない局面もあるんです。待ちは悪い、手はバカ安、こんなリスキーな追いかけリーチを打つ人はいません。でも、そこに勝機が隠されているときだってあるんです。

 点数は親の人が自分より1万点ぐらい上でも、その人との関係性、相性がまだ悪くなければ、敢然と追いかけていって、七萬で打ち取る、あるいは七萬をツモ和了る。これで形勢はかなり自分に有利になるということを、勝率の高い人は知っている。無謀な追いかけリーチに一見見えるんですけれども、実はその背景にある深い理由があって、勝機があるんだということで、強い意志力で、カン四筒が埋まったので、追いかけリーチをしてみる。三筒も通ってない。ドラは五萬だけど、行ってみるんだという、冒険心というか、チャレンジ精神が実を結ぶことだってある。だから、麻雀は難しい。

 降りるのは簡単です。例えば、東がもう場に2枚出ていたり、1枚出ていたりしたら、親リーチに逆らうこともないし、東を切ろうかな、あるいは現物の九索を切ろうかな、あるいは現物の二萬を切っちゃおうかなとかやっているのは中級止まり。もっと勝ちたい。もっと麻雀が強くなりたいと思うのであれば、このカン四筒を引いて、カン七萬待ちで追いかけリーチ、リーチのみを打てる場面も作らなければならないんです。いつも自分の打点バランス、高い手だから攻める、安い手だからやめる、待ちが悪そうに見えるから追いかけない。これをやっている限りは、47勝53敗辺りで止まってしまうということになります。

前へ77次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ