第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

94.点差に縛られないこと(約4分20秒)

ラス前やオーラスは点差に縛られることなく、自分の役割を理解して果しましょう。

動画固定を解除する
前へ94次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ラス前やオーラスを迎えて、どのような手を目指すか考えるときに、多くの打ち手は着順上位の人との点差を計算して、満貫や跳満など、それに見合った手作りをしようとすると思います。ですが、オカルトではそこに縛られてはいけません。

 狙い通りに和了れることもあるかもしれませんが、基本は、その時点での着順に応じた役割を果たさなければいけません。トップ目らしい打ち方。2番手らしい打ち方。高望みはできないと考えなければならない3番手らしい打ち方。自分の番手を上げるよりも、トップ争いや2番手争いに水を差さないように、気を引き締めなければならないラス目らしい打ち方。このように、大局観に基づく打ち方をするべきです。

 大局観とは、その局その局における自分の役割を果たす能力です。自分勝手なエゴはいけません。ラス前とかオーラスまでに起きてきたいろんなドラマを振り返って、自分の大局観を考え、それに基づいた打ち方をしましょう。

前へ94次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ