第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

オカルトの基本(土田のオカルト)

7.ツキの予測をする(約5分30秒)

ここでは、ツキの予測について解説します。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 その日の勝ち負けをツキで語っている方が非常に多くいますが、これは現実です。麻雀はツキに支配されているゲームです。一局一局、微妙に変化していく、目に見えないツキの動きをどうやって予測していくのかがポイントになってきます。天和、地和、人和、これが役満であったり、あるいは人和が倍満であったりと役がついているように、天地人というものが大事なんです。天の運、地の運、人の運、この3つの要素を測りながら打っていくゲームです。

 天運は、その日それぞれの打ち手に与えられている運です。今日はツイてるといった、あるがままの運です。地運は、麻雀を打ちながら自分で育てていく運です。手牌や自分の気持ちを育てながら培っていきます。1日4ゲームやるとしたら、4~5時間の間で育まれていく運です。人運は、相対関係の運です。その日の相性、もともと持っているその人との相性といった、各対局者との関係性における運の動き、織りなすアヤを測りながら打っていかなければいけません。

一萬二萬三萬三萬赤五萬七萬九萬七筒八筒九筒七索八索発発

 ドラは七筒です。三萬赤五萬九萬を切ると一向聴になります。789の三色を狙うと、赤五萬を捨てることになりますが、ドラを持っているので、赤を使えばそこそこの打点になります。ここで大事なことは、手役、特に2翻以上の手役とドラのどちらを大事にするかということです。自分にツキがあるとき、もしくはそのときの親の運気が低いときは、高く和了れる方、手役狙いで三萬を切ります。ツキがあるときは六索よりも九索を引きますので赤五萬から切ってもいいくらいです。そうではないときは、ドラ、赤に重きを置いて2翻役は見切ります。さらに、親の運気が高く自分の運気が低いときは、手役も赤もドラも見切ることで和了が近づきます。

 これが未来予測です。何を引くか分からないと言っているようでは、ツキの話とは無縁です。見えないツキを見えるように予測していきましょう。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ