第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

88.人運を測る(約3分10秒)

東四局以降の戦いを有利にするために、人運を測る事が大切です。どういうことかを解説します。

動画固定を解除する
前へ88次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 天地人とは昔からよく言われておりますけれども、天運があり、地運があり、そして人運がある。麻雀とは本当に多様なゲームでございまして、人運を測ることも必要な要素になってきます。

 相手3人それぞれの和了り方、仕掛け方や最終形をチェックしますね。どれぐらいの天運を持っているのか、どれぐらいの育て方、地運づくりに励んでいるのかということを、東1局から東3局までのプレイを見て、河や最終形を見て、「これぐらいあるな」「まだ育ってないんじゃないかな」「おう、おう、おう、すごい高い天運で入ってきているな、今日は」みたいな、測り方をするということが大事。

 それから、もう1つ大事なことがございます。相性。仲間同士でやっていると、普段からの相性もあるかもしれません。人と人との運気のぶつかり合い、天運のぶつかり合い、地運のぶつかり合い、いろいろあるんですけれども、その日に限って、どうも塩梅が良くない相手というのが現れてくるケースもあります。

 1手違いで自分の和了牌を切られていたり、あるいは予測もしなかった段階でロンと言われてみたり、あるいは自分がリーチをかけたら何か動きを入れられて、自分の和了牌が食い下がっていったりと。その動きを入れた人は、別に意図的ではなく自然な動きなんですが、結果として、相性の悪さを演出しているということをきちんと受け止めていくことが、後々、東4局以降の戦いに大いに活用できるということにもなるわけです。

 Aさんとの関係性は良い。Bさんとの関係性も悪くない。Cさんとは関係性が悪い。でも、持ち点はCさんがラス目だということもあるわけです。別に順位だけの話じゃなくて、その1局単位での関係性をチェックして修正を図るということが、東4局以降の人運の利用の仕方なんです。

 ですから、人運を測るということは、相手の和了り方、相手の仕掛け方、相手の河、相手の育て方を見るということと同時に、一人一人との関係性をチェックしておくということが人運を測るということになっております。

前へ88次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ