第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチへの対応(土田のオカルト)

75.1対1の対応(約4分30秒)

麻雀は1対3のゲームではなく、1対1、1対1、1対1のゲームです。それぞれの相手との関係性を冷静に判断して対処しましょう。

動画固定を解除する
前へ75次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 リーチがかかりました。そのリーチに対してどう対応すればいいのか。考え方は1つ。麻雀は1対3のゲームではないということです。1対1、1対1、1対1のゲームだというふうに考えてください。つまり、それぞれの相手と自分との関係、Aさんと自分との関係、Bさんと自分との関係、Cさんと自分との関係を冷静に判断してください。「今日はAさんと相性が悪いな」 「今日はBさんが自分にプラスに働いているな」 そんな日ありますよね。いつもAさんとは関係が悪いっていうような仲もありますよね。相性の悪さというのはありますけど、その日その日の相性の良し悪しというのが出てくるのも、麻雀の面白さの一つです。

 そういうことを踏まえながら、非常に関係が良くないAさんからリーチがかかりました。というときには、リーチがかかったら、逆らわずにすぐやめます。何とかその関係の悪さを解消しようとして、意地になって突っ張りたくなるんですが、それはいかんです。関係が悪い人からリーチがかかったら、素直にやめる。

 非常に関係が良い親のBさんからリーチがかかった。関係が良いので、Bさんからリーチがかかったものとは考えずに、自分の手のしたいように切る。もちろん悪い手のときはやめますけれども、そこそこ行けそうな手なら、「リーチ?Bさん?かかってない、かかってない」 という感じで戦う。Bさんには、相性が良いので負ける気がしないと。追いついて追い越せるだろうという楽観的な判断をする。

 ただし、これはちょっと考えてください。楽観的な判断をしている間に、相性の悪いAさんがチーやポンをした。自分と関係の悪い人が動いたら、リーチ者の当たり牌を引かされやすいんです。関係性が悪いから、ロン牌を回される。そういうことにAさんが無意識のうちに加担しているところも、麻雀の不思議なところ。「せっかくこんなに良い手だったのに」 「Bさんとの関係が良かったのに」 「何でロン牌をつかまされるんだろう」 といった時は、Aさんの動きだったということがあります。自分がいくら関係の良い相手だと思っていても、関係の悪い人の動きが入った後はもう別世界ですから、「悪いことが起きるんじゃないかな」 「またこのチーやポンが自分に災いするんじゃないかな」 と思いながら、慎重に対応した方がいい。でも、動きが入ってないのであれば、自分と関係性の良いBさんのリーチであれば、親であろうが何であろうが、追いつけ追い越せの精神で戦ってみようと。

 いずれにしましても、1対1の勝負をしているんだという感覚を忘れないでください。「そことの関係はどうなのかな」 「こことの関係はどうなのかな」 その関係性がまだはっきりしないときは、自分の手の打点バランスで、行きたいなと思えば行けばいいし、この手なら勝負しなくてもいいかと思えばやめておけばいい。関係性がはっきりしていれば、少々手の進み具合が悪くても、追いつけ追い越せで行けるんじゃないかと考えたり、逆に関係性の悪いところからリーチがかかったら、テンパイしていても即やめる。「筋だから大丈夫かな」 「字牌1枚切れだから、この西は大丈夫かな」 と甘えないで、関係性の悪いところはシャットアウトして、もうやめるという、このメリハリが1対1という意味合いなんです。お分かりいただけましたか。

前へ75次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ