ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

リーチのかけ方(土田のオカルト)

52.運量によっての判断(約5分30秒)

ここでは、運量によるリーチの判断について解説します。

動画固定を解除する
前へ52次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 運量、運気、ツキによって、リーチをかけるかの判断の仕方を3つに分けて解説します。1番目は、運気が高いときです。つまり持ち点がたくさんあり、ツイているときです。2番目は、普通のときです。3番目は、運気が低いときです。点数がなくて苦しく、ツイてないときです。

 運気が高いときは、場況も待ちの形も関係ありません。嵌張でも単騎でも、打点が高ければリーチです。特に、役が絡んで手が高いときは、即リーチです。運のエネルギー、位置エネルギーが高くなってきているので、ツモれます。また、リーチをかけることによって、他家が思わず振り込んでしまう力が働きやすい状態ですので、打点がある、もしくは型が入っている手は、即リーチしましょう。反対に、打点も型もない安い手でリーチをかけてはいけません。

 普通の状況のときは、待ちの色が場に1枚も出ていないときはヤミテンにして、たくさん出ているときはリーチをかけます。また、三面張、変則三面張、四面待ちのように待ちがたくさんあるときはリーチをかけてもかまいません。それから、リーチをかけたら3900点が満貫になるなど、打点が高くなるときもリーチをかけてかまいません。普通の運気ですから、高い手が入ってきたらリーチ、高い手になりそうなときはリーチというのは当たり前の考え方でいいですが、和了れる、和了れないは五分五分です。

 運気が低いときは、リーチをかけてもツモれません。ツモるエネルギーが非常に落ちてきていますので、出和了りに期待です。ですから、役のある手は、ほとんどヤミテンです。自分の河も相手の河も総合して出やすいときが、リーチをかけるときです。

前へ52次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ