ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

終盤の思考(土田のオカルト)

36.運量で押し引きする(約4分50秒)

ここでは、運の量を持ち点から量る目安と、その運量による勝負の押し引きについて解説します。

動画固定を解除する
前へ36次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 運の量による押し引きは、オカルトの極致ともいえます。運があるときは勝負して通る牌が多く、当たったとしても深手は負いません。運がないときは勝負してはいけません。放銃した際の点数が高いことや、安くても致命的な放銃ということがよくあります。13巡目以降でテンパイしているところに、他家からリーチがかかり、通ってない牌を引かされた場合の押し引きについて、ツキと言うと難しいかもしれませんので、解りやすく持ち点を5段階に分けて考えます。

 原点からマイナス1万5000点以下のときはEクラス。マイナス8000点からマイナス1万5000点がDクラス。マイナス8000点未満のマイナスがCクラス。8000点までのプラスがBクラス。8000点以上プラスのときはAクラスとします。

 Eクラスの人は押せる牌は0枚です。勝負してはいけません。Dクラスの人は1枚だけ押していいです。Cクラスの人は2枚まで勝負しましょう。Bクラスの人は3枚まで勝負しましょう。たとえ赤牌でも勝負です。Aクラスの人は全部勝負します。あくまで自分がテンパイしていることが条件です。このようにシステム化して決めておきましょう。

前へ36次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ