第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

七対子の奥義(土田のオカルト)

116.メンホン七対子は決め打ちせよ(約3分40秒)

メンホン七対子は勇気を持って決め打ちしてください。

動画固定を解除する
前へ116次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 メンホン七対子は決め打ちしていかなければいけません。決め打ちする勇気を持つのはなかなか難しいことですが、メンホン七対子というのは、リーチしたらもう跳満です。

一筒一筒二筒二筒三筒四筒六筒六筒七筒西北中中

 西が1枚切れ、北は2枚切れです。そこに七筒を引いてきました。三筒四筒は生牌です。多くの人が2枚切れの北を切ります。しかし、勇気を持って三筒切り、もしくは、百歩譲って四筒切りです。中をポンして五筒八筒が入って、五筒八筒待ちになる、といったような安易なラインに自分を下げることなく、この西北を生かす選択をできるようになってください。

一筒二筒二筒四筒四筒四筒六筒六筒八筒八筒西北中中

 西北は1枚切れ、一筒も1枚切れです。ここでも四筒を切ってメンホン七対子のイーシャンテンに構えます。四暗刻は手牌が西ヨーロッパの並びになっているので、ありません。西ヨーロッパ(2468)の牌がトイツというのは、七対子に持ってこいの形で、暗刻手ではないんです。ですから、暗刻になっている四筒を1枚外して、一筒西北でメンホン七対子に決めて勝負します。中がドラだったら、もっと喜んでメンホン七対子に決めてしまいましょう。

前へ116次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ