第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

89.連荘に重心は置かない(約3分30秒)

東1局から東3局までは、親番であっても連荘に拘らず育てる事に重点を置きましょう。

動画固定を解除する
前へ89次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 連荘に重心は置かないという、とんでもない話をこれからさせていただきたいと思います。東1局から東3局までというのは、フルスイングしていこうということ。それから、地運を作っていこうよという局に当たるということ。さらには、最も大事なことなんですが、自分の可能性にふたをしない。あるいは、自分の可能性にチャレンジしていく。どこまで伸びるのか、どこまで飛ばせるのか、それが大事なんです。

 終始、目先の和了に振り回された麻雀を打っていると、いつまでたっても麻雀の麻雀たる部分が見えてこない。それでも勝ちゃいいんだよとおっしゃるかもしれないけれども、せっかくこの素晴らしいゲームと出会えたんですから、東1局から東3局の3局ぐらいは、たとえ親を迎えても、その自分の可能性にチャレンジしていく姿勢を見失わないでいただきたいなと切に願っております。

 この手牌。

三萬四萬六萬七萬二筒三筒四筒五筒三索四索四索東東

東場の親で、六萬がドラ。ダブ東、2枚目だとポンしてしまうでしょ。いやいやいや、1枚目から鳴きますよという方も多いかもしれません。ダブ東、ドラ1。うまくいけば、ダブ東をポンして、五筒でも打つか、二筒を打つか分かりませんが、どちらか打って、ドラでも重なれば、もう親満が見えるわけですから。でも、もっと見えている手があるじゃないですか。三色。

三萬四萬赤五萬六萬七萬三筒四筒五筒三索四索赤五索東東

極端ですが、こういう形になることだってあるでしょ。

二萬三萬四萬六萬七萬二筒三筒四筒二索三索四索東東

あるいは、これでリーチをかけたっていいじゃないですか。かけなくてもいいんですけど。とにかく、2・3・4か3・4・5の三色を狙えるチャンス。

 今の時代は赤があるから、三色なんか手役のうちに勘定しちゃいけないよと言う方もいらっしゃいます。でも、それはどうなのかな。それは自分の未来につながるのかなって、私は考えておりますので、この手牌からダブ東を一鳴きすることは、当然、ございません。緊急事態が発生したら別ですけれども、そういう事態というのはレアケースですから、レアケースは飛ばしておいて、この手はしっかりと門前で育んでいきたいなと考えて、フルスイングしましょう。

前へ89次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ