第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

84.フルスイングを心がける(約3分)

東3局くらいまでは状況に合わせる必要がないので、空振りを恐れずにフルスイングを心がけましょう。

動画固定を解除する
前へ84次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 オカルト的に、東1局からだいたい東3局まではフルスイングを心がける。東4局以降は状況が生まれているので、その状況に合わせながら打たなければいけないんですが、東1局、東2局、東3局ぐらいまでは、ポテンヒットは要りませんから、当てに行くのではなく、フルスイングしてください。ということで、手牌をご覧ください。

二萬三萬七萬九萬一筒二筒三筒九筒九筒一索三索九索九索

 ドラは一筒。純チャン、三色リャンシャンテンの手牌ですね。一萬が出てきたらチーしようかな、ぐらい考えていたところに、ツモが四萬。どうしますか?これは、ツモ切りです。フルスイングできましたね、分かりやすいでしょ。親とか子とか関係ありませんから、親でもフルスイング。四萬があったところでこの先どうするの?要らないって、切りましょうね。簡単ですね。

 2つ目の手牌。

四萬四萬五萬六萬七萬八萬五筒六筒二索三索四索五索七索

これも親でやってまいりました。六索欲しいなと思っていたところに、引いてきた牌が九萬でした。四萬を切ると、割と受けの広いイーシャンテンになりますね。親であればなおさらです。遠いところには4・5・6の三色もあるか、ということで、四萬を切るんですが、要らないでしょ?九萬。タンヤオも崩れるし。九萬もツモ切り。ツモ切りした後に、やっちゃいけないのは六索のチーです。八萬を切れば四筒七筒待ちの、タンヤオ、三色、ドラ1。親で連荘できるし、当然、六索はチーだろうと思っているあなた、それは、当てに行っているだけでしょ?フルスイングしてないですよ。東の1局とか2局とか3局に六索チーなんて情けない麻雀していたら何も育ちませんよ。

 とにかく、伸びそうな手や大きな役が狙えそうな手は、空振りしてもいいから門前でしっかりとフルスイング。私はよく空振りしておりますが、フルスイングしてみましょう。

前へ84次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ