第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ドラの取捨について(土田のオカルト)

104.打点力へのサポーター(約4分10秒)

少しの工夫で出来る、打点の高め方について解説します。

動画固定を解除する
前へ104次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 打点力は、和了った点数の平均を高めていく手法で、必要な要素です。3900点程度ではなく、満貫や跳満といった怖いリーチをかけられる打ち手になりましょう。

 高い手をテンパイしても和了れなくては打点力は備わりません。和了がある中で打点力を高めるには、技術的なスキルアップが必要ですが、少しの工夫で打点力を高めることができます。

五萬七萬八萬三筒四筒赤五筒九筒九筒九筒三索四索七索八索

 ドラは五萬です。九索を引きました。ドラを使うための八萬切りは、ドラが重なれば二索五索待ち、二索五索四索三索を引けば六萬待ちという、ドラそばが和了りづらいことをあまり考えない打ち方です。打点力を高めるには、九筒を切ります。三索四索の重なりは見ずに、平和のイーシャンテンに構え、二索五索が入れば六萬九萬待ちでリーチに行きます。牌理的には九萬が入りやすいので、二索五索待ちのリーチが現実的な想定になります。

 四萬を引けば、七萬八萬を落として3・4・5の三色にできます。赤五萬を引いた場合は九筒九筒を切り、平和、赤赤、ドラドラのイーシャンテンにします。裏目感がなく、特に入りやすい二索五索六萬九萬のリャンメンを残し、ドラの五萬を生かす道も残す、こうした工夫が重要です。

 八萬を切ると手全体が窮屈になります。和了れればドラ1枚が増えた分だけ打点力が増しますが、和了るということを目的とした一打も兼ね備えるのであれば九筒切りです。

 受けの広いイーシャンテンだからと五萬を切ってはいけません。フラットな状況では打点力を考えながら、和了りやすい道も残すように打ちましょう。

前へ104次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ