ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

93.劣勢の時には欲を棄てる(約4分10秒)

高くなりそうな見込みがあるときでも、劣勢時には我慢して安い手で和了ってしまいましょう。

動画固定を解除する
前へ93次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 調子が落ちて勢いがなくなってきたら、まず一番に、自分の欲を排除することを考えなければいけません。こうしたいな、ああしたいな、こうなればいいな、ああなればいいな、そんなことは考えちゃ駄目です。まずは安い手で1回和了りましょう。ホップ、ステップ、ジャンプってしていかないとならない身分なんですから、いきなりジャンプなんていうのは不可能だと思ったほうがいいぐらい。ですから、落ち着いて、自分の身の丈に合った和了り方をしましょう。

 手牌をご覧ください。

六萬七萬八萬九萬九萬三筒四筒五筒六筒三索四索五索六索

ドラは字牌なので、手牌にはありません。7巡目ぐらいで、点棒はないです。そこへ三筒を引いてきた。何を切るのか。九萬ですか?九萬を2つ外して、七索赤五索を引いてきてタンヤオ、平和。甘い考えは捨てましょう。この三筒はツモ切りするんです。テンパイも取らずに平和を狙う。駄目になったら平和に帰っていく。麻雀は、平和に始まり平和に終わると言われているゲームですけれども、タンヤオに向かっちゃいけません。点数がないときはタンヤオを頼りにしてはいけません。喰ってもタンヤオで和了れるという逃げ場を作っちゃいけません。平和をやっていると門前で行くしかない。そういう自分になってください。

 これはどうですか。

二萬三萬三萬四萬五萬六萬二筒三筒四筒二索三索四索五索

これも7巡目ぐらいです。子供で、ドラが一萬です。形から行けば、2・3・4の三色が見えている。赤五索引きで五索が頭になると最高じゃないですか。二索を引いてきても、「三萬を切って一萬四萬七萬待ちでリーチに行っちゃおうかな、一萬ドラだから」と考えてもおかしくはない。そこへ引いてきた牌は、何と一索なんです。二萬を切れば、平和のテンパイ。「せっかく三色形ができているし、一萬のドラだってあるのに、二萬切っちゃうの?」なんて事を考えちゃ駄目です。どうしてテンパイを取らないんですか。身の丈に合っているじゃないですか。平和、1000点。何とか三索六索を出してくださいと構えて、さっと1回和了っておく勇気を持ってください。

 高くなりそうですよ、一索さえツモ切りすれば。あるいは、一索を置いといて三萬を切る手もあります。でも、そんなことを言っていられないんです。そんな欲張りさんは駄目なんです。なぜ駄目かというと、劣勢だから。1000点で我慢して、1回和了ってください。お願いします。

前へ93次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ