第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

七対子の奥義(土田のオカルト)

107.運量で作り出すトイツ(約4分40秒)

ツキの状態によって異なる七対子の作り方を解説します。

動画固定を解除する
前へ107次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 自分のツキの具合、ツイている、普通、ツイてないの3パターンで七対子の作り方が変わります。

一萬二萬二萬三萬四萬一筒四筒四筒赤五筒五筒西西北白

 4巡目で一筒がドラです。北一萬が1枚切れで、あとは全部生牌です。手なりで打てば、北白のどちらかを切る場面です。また、七対子なので、ドラの重なりに期待したいところです。

 ツキの具合が普通のとき、生牌の字牌と1枚切れの字牌があったら、生牌の字牌、特に役牌から処理したほうがいいです。あとは、七対子に行くときは、順子系と天秤にかけずに四萬、そして三萬と落としていきます。普通の状態のときは端のほうで七対子を作ります。

 ツイているときはドラが来ますので、一筒が来るという大前提で三萬切りです。また、筋がトイツでない限りは、3・7から整理します。二萬三萬四萬と組み合わせができているところですが関係ありません。

 四萬一萬を残したのは、片方がトイツになれば、もう一方も来るという筋トイツの考え方に基づきます。筋トイツを絡めながら、ドラが来ることを大前提に、一萬四萬一筒北を残し、三萬を切り、次に生牌の白を切ります。

一萬二萬二萬四萬一筒一筒四筒四筒赤五筒五筒西西北

 一筒を引き、一萬四萬北が残ったイーシャンテンです。四萬を引けば、北単騎ではなく一萬単騎のリーチ、一萬を引けば、同様に四萬単騎のリーチです。北単騎にしがちですが、そこがミソです。

 ツイてないときはドラは来ませんので、ノータイムでドラを切ります。そして、三萬は絶対に切りません。ツイてないときの七対子は3・7が重なります。

 ツキの状態による違いが分かれば、ぱっと手を見たときに、普通のときは白、ツイているときは三萬、ツイてないときは一筒、というふうに仕分けできます。これが、ツキを利用しながら作る七対子の肝です。

前へ107次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ