このページはスマホ用サイトです。 >>PC用サイトはこちら

ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
今すぐ参加する
オンライン麻雀 Maru-Jan

土田のデジタル

ドラの取捨について(土田のデジタル)

91.打点で利用するケース(約3分50秒)

打点が必要なときにシャンテン数を落としてでもドラを利用する手順を解説します。

前へ91次へ

 少し牌理からは離れるかもしれませんが、打点が必要なときはドラを生かすロジックを作っていくことが重要です。

一萬一萬五萬六萬七萬八萬三筒四筒六筒七筒二索三索北

 3巡目、ドラは北です。ここに四萬を引いてきて、5面子目の候補ができてしまいました。

一萬一萬四萬五萬六萬七萬八萬三筒四筒六筒七筒二索三索北

三面張の四萬五萬六萬七萬八萬は残します。他のリャンメンを外すのでもなく、ここは一萬をトイツ落としします。北が重なるのを待つわけですが、二索三索を引いてきてもタンヤオ、平和になるのでいいです。シャンテン数を落とすという、デジタル的には非常に珍しいケースですが、打点を重視してドラを生かす方向を選びます。頭を落とすのが一番ドラを生かしやすいです。特に字牌がドラのときは早めに頭を落として、ドラの重なりを待つ打ち方をしましょう。

一萬三萬四萬四萬五萬六萬七萬八萬二筒二筒一索三索五索

 ドラは一萬です。打点が欲しいときに、頭の二筒一萬に振り替える考え方がありますが、九萬を持ってきました。

一萬三萬四萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬二筒二筒一索三索五索

ドラの一萬を打っておいたほうが和了りやすく、萬子を埋めて五索を切ってカン二索待ちのリーチという打ち方が普通ですが、ここは打点を見て四萬を切ります。

 打点を見ると和了る精度が少し落ちますが、打点との交換条件として、受け入れ枚数が減ることはやむをえません。オーラスやラス前など、打点が必要な条件のときに限り、先々にドラを使える構えにすることが大切です。

前へ91次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その1)(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その2)(土田のデジタル)