このページはスマホ用サイトです。 >>PC用サイトはこちら

ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
今すぐ参加する
オンライン麻雀 Maru-Jan

土田のデジタル

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

86.ドラの有無(約3分50秒)

七対子とトイトイの選択において、手牌のドラの有無による判断のしかたを解説します。

前へ86次へ

 手牌のドラの有無で、七対子かトイトイかの方向を判断するデジタル的な考え方を解説します。ドラがある場合、ドラが場に出てこないと仮定すると、ドラがトイツでトイトイをした場合には、最終形がドラと何かのシャンポン待ちになるケースが圧倒的に多くなります。ドラではない側の牌が優秀であれば和了れますが、そうでなければ和了れません。ですので暗刻になることを期待して打つよりは、七対子に向かったほうが和了りやくなります。

一萬二萬二萬九萬九萬四筒四筒八筒九筒東東南白

 親番で、ドラは四筒です。八筒九筒のところがリャンメン形であれば、東をポンして東、ドラドラの和了を狙ってもいいですが、チートイ、ドラドラのリャンシャンテンですから、巡目が早ければ早いほど、七対子に向かったほうが和了りやすいと思います。

一萬一萬九萬七索七索九索九索東東南西白白

 同じく親番で、ドラは七索です。東ポン、白ポン、一萬ポンとしていけば、トイトイ、東、白、ドラドラで跳満ですが、七対子のイーシャンテンからポンすることで、トイトイのリャンシャンテンにシャンテン数が下がるリスクと、鳴いて手牌が短くなるリスクがあるので、七対子に向かいます。何かが暗刻になってからトイトイへ向かう分には、シャンテン数が変わりませんのでかまいません。ドラがなければ、七対子のみになり、トイトイ、役、役とでは打点的に差がありますので、シャンテン数を下げてでもトイトイへ向かいます。

前へ86次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その1)(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その2)(土田のデジタル)