このページはスマホ用サイトです。 >>PC用サイトはこちら

ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
今すぐ参加する
オンライン麻雀 Maru-Jan

土田のデジタル

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

61.打点系ダマ聴(ダマテン)(約3分50秒)

ここでは、打点系のダマ聴について解説します。

前へ61次へ

 リーチしないほうが賢いと思えるような、黙っていても和了れば満貫、跳満の手があるとします。状況が良ければリーチをかけてしまうことがあるかもしれませんが、リーチをかけることによって、相手の手が止まり和了り牌が出づらくなります。ツモで和了ることもありますが、黙っていたら出てきやすい打点系のダマテンを身につけましょう。

一萬二萬三萬二筒三筒七筒八筒九筒一索二索三索九索九索

 純チャン、平和、三色が高目の聴牌です。ダマテンにします。

一萬二萬三萬一筒二筒三筒七筒八筒一索二索三索九索九索

 リーチすると六筒でも満貫ですが、高目と安目の打点の差がとても大きいのでダマテンにします。

四萬五萬赤五萬六萬七萬二筒二筒三筒四筒赤五筒六索七索八索

 タンヤオ、平和、赤、赤で満貫です。リーチをかけてしまうと、出てきにくい三萬六萬待ちですので、ダマテンにします。

二萬三萬四萬八萬八萬三筒四筒六筒七筒八筒二索三索四索

 タンヤオ、平和、三色が高目の聴牌です。安目の五筒赤五筒をツモることもあるので、リーチをかけたくなりますが、二筒が出やすい場の状況であればダマテンにします。一筒が3枚、二筒が1枚、三筒が3枚場に出ていて、壁になっているときや、2枚場に出ているときなど、山に残っている、他家が二筒を引いても出てくる、と考えてリーチをかけるのは甘いです。

 確実に満貫を和了るというのが打点系のダマテンです。黙っていてもそう簡単には出ない高目と、黙っていれば3人から出てくるような高目は分けて考えましょう。

前へ61次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その1)(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その2)(土田のデジタル)