このページはスマホ用サイトです。 >>PC用サイトはこちら

ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
今すぐ参加する
オンライン麻雀 Maru-Jan

土田のデジタル

字牌の扱い方(土田のデジタル)

39.絞らずに殺すという考え方(約4分30秒)

ここでは、字牌を手牌に残すことについての意味を解説します。

前へ39次へ

 絞らずに殺すという、字牌に対する考え方をデジタル的にお話しします。現在はデジタル的な打ち方が主流です。第1打から、孤立している字牌、特に場の風や三元牌などの役牌を、早く河に並べる考え方があります。数牌で順子や対子や刻子を増やす方が効率的という考えです。鳴かれるという観点では、早く捨てる方が鳴かれにくいです。重なってから鳴かれるのが最悪のパターンということです。また、元々役牌が対子である人は、第1打から鳴くのかというと、他の部分が揃っていないと鳴きづらい側面もあります。

 ただし、殺すという考え方があってもいいと思います。手牌にある字牌、特に役牌を見せないようにします。終盤、安全牌になったときに見せる可能性はありますが、中盤までは見せません。

一萬二萬三萬八萬九萬九萬三筒四筒八筒二索七索九索東白
一萬二萬五萬八萬九萬九萬一筒四筒八筒二索七索九索東白

 ドラは二萬です。上は三向聴です。下は五向聴で、和了りづらい手牌です。一萬二萬の辺張だけでも苦しく、和了を考えるのは甘いと思います。しかし、何をツモるか分からないから、決め打ちは良くないと思う人もいると思いますが、多くの場合、和了れる局は、3巡目時点で三向聴以内です。さらに好形であることも重要ですから、下の手牌はほぼ和了れないと考えた方がいいです。上の手牌は和了れますので、序盤に字牌を整理して、数牌全てを大事にします。和了れないと考えられる手牌では、字牌を終盤まで見せないようにすることで、実戦でかなりの効果が期待できると思います。

前へ39次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その1)(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その2)(土田のデジタル)