このページはスマホ用サイトです。 >>PC用サイトはこちら

ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
今すぐ参加する
オンライン麻雀 Maru-Jan

土田のデジタル

仕掛けの基本(土田のデジタル)

64.リャンメン決め打ち打法(約6分20秒)

ここでは、仕掛けた際にリャンメン形を先切りしたほうがいいケースについて解説します。

前へ64次へ

 仕掛けを入れたときには、極力和了れるようにしましょう。これが、勝率を上げていく近道です。

 完全一向聴形にとらわれすぎてはいけません。例えばある役牌をポンして、リャンメン形のところが複合形だったとします。4・4・5や2・2・3、3・3・4などいろいろあります。リャンメン複合形を残しておけば、その次の段階として、ポンすれば聴牌になるという形が選べます。そのため複合形を残したくなりますが、残さないほうがいい形もあります。

三萬三萬四萬二筒三筒赤五筒五筒五索六索七索八索中中

 二筒がドラです。中が出てきたのでポンします。八索五索を打てば、完全一向聴形です。

三萬三萬四萬二筒三筒赤五筒五筒五索六索七索中中中

 五筒三萬のポンもよし、一筒四筒二萬五萬をチーしてもよしという形です。しかし、仕掛けたときの手牌は、門前で打っているときよりも、数段相手に見破られやすくなります。一筒をチーして、二萬五萬待ちになったとき、三萬が最後に出てきますので、ちょっと麻雀が打てる人なら、三萬の周りが頭で、索子の待ちになったか、三萬のところが複合形になっていて、そこがリャンメン待ちやカンチャン待ちになったかという読み方をしてきます。形的には和了りやすい待ちですが、二萬が出にくくなるというデメリットがありますので、リャンメン形の先切りをしたほうがいいと思います。

二萬二萬三萬二筒三筒赤五筒五筒五索六索七索八索中中

 このような形でしたら、二萬はポンしやすいですから、二萬二萬三萬という複合形にしておいて、中をポンした後に八索を打ちます。一筒四筒をチーして一萬四萬待ちであれば、一萬は使いづらいので、しびれを切らして出てくることもあります。

 ポンしやすい牌かどうかでリャンメン形の先切りを判断しましょう。特に3から7までの間の牌は、先切りしてその外側の待ちがいいので、ポンしにくい牌の場合はリャンメン形を先切りしましょう。索子の五索六索七索八索の部分は、四索を引いてきたら、三索六索九索二萬五萬の選択ができるようにもなります。麻雀は4面子1雀頭を作ればいいゲームではありますが、5面子目の準備をしておいてもいいと思います。これは門前でも仕掛けても同じです。

 リャンメン複合形と完全一向聴形にするフォームは時と場合によります。判断を誤ると、和了れる手も和了れなくなり、相手に押さえられて流局してしまうため、結果的に和了れるリズムを失ってしまうことに繋がります。これは非常に勝敗の分かれ目になりやすいです。

前へ64次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その1)(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その2)(土田のデジタル)