ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

87.役牌の有無(約3分40秒)

七対子とトイトイの選択において、手牌の役牌の有無による判断のしかたを解説します。

動画固定を解除する
前へ87次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 七対子とトイトイの分岐点を判断する要素として役牌があります。前回のドラが絡む場合の判断と合わせて覚えておくと、七対子とトイトイの分かれ目がわかってくると思います。役牌がトイツである手は、基本的にはトイトイに向かったほうが有利です。七対子のみの手を作るよりは、役牌、トイトイ、あるいは役、役、トイトイのような形を目指します。

三萬三萬三萬六萬六萬一筒一筒二筒八索八索南南北

 ドラも役牌もない七対子のイーシャンテンです。四暗刻を狙うのもいいですが、西などの手頃なトイツ候補が来たら、三萬を1枚落とします。暗刻の牌が切りづらくなる巡目に入る前に、イーシャンテンであれば七対子に定めます。もし、南が役牌であれば、役牌、トイトイへ向かいます。

二萬二萬六筒六筒八筒九索九索南南西白中中

 南は役牌です。まだ暗刻がない七対子のイーシャンテンですが、これは役、役、トイトイで打点がありますので、打点のバランスを考慮してトイトイへ向かいます。役牌があるときは、シャンテン数が下がるとしてもトイトイへ向かいます。残りの数牌もAランクとBランクがありますから、和了れる可能性はけっこう高いです。

前へ87次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ