第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

リーチのかけ方(土田のデジタル)

53.爆発リーチのタイミング(約7分30秒)

ここでは、土田プロの方程式に基づく、爆発リーチを仕掛けるタイミングについて解説します。

動画固定を解除する
前へ53次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 爆発リーチとは、次の5つのタイミングでかけるリーチです。持ち点が最初に配られた点数よりも1万点、できれば親満分の1万2000点ほどプラスのとき。親で連荘中にさらに連荘したいとき。ドラ待ちで高めがドラの手のとき。場に安い色で待っているとき。一色手をやっていて、その待ちが場に高くて多面待ちのときです。特に持ち点が1万2000点以上プラスしている状況では、優勢な状態でさらに加点を積み上げていくために爆発リーチをします。慎重に点数を重ねていくよりは爆発させる手牌を用意し、リーチをかけましょう。

二萬二萬七萬八萬四筒五筒六筒七筒八筒九筒七索八索九索

 ドラは九萬です。高めとなるドラの九萬がくれば、平和、三色、ドラ1で、ダマでも満貫ですが、ドラが高めの待ちのときには、あえてリーチをかける習慣をつけておきましょう。リーチをかけてドラをツモれば跳満です。当たり牌が出るときは、ダマでもリーチでも、ドラは出てきます。相手もそれ相応の勇気を持ってドラを切ってくるわけですから、リーチをかけておいたほうが得です。

三萬四萬赤五萬六萬七萬三索四索赤五索二筒二筒二筒三筒四筒

 タンヤオ、平和、赤、赤で、既に満貫あります。1つ替われば、3・4・5の三色にもなります。二萬五萬八萬の多面形で待ちが良いので、ヤミテンにして確実に8000点あるいは1万2000点和了る方法もありますが、場に萬子がたくさん出ていて萬子が安いときには、和了牌が相手に使われていない可能性が高く、山に二萬五萬八萬が残っている可能性が高くなりますので、ツモで跳満を狙います。裏ドラや一発が加わると倍満までありますから、チャンスを活かしてリーチをかけましょう。

一筒一筒一筒二筒三筒四筒赤五筒六筒七筒八筒九筒白白

 待ちは一筒四筒七筒白です。ここまで高い手でしたら、黙っていても出てくる安い場のときには、リーチをかけないほうがいいです。しかし、筒子が場に高いときの多面待ち、あるいは、場の高さに関わらず連荘中の多面待ちであれば、リーチをかけましょう。

前へ53次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ