第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

トイツの作り方(土田のデジタル)

19.シュンツとの天秤について(約4分20秒)

ここでは、対子手と順子手の分岐点での判断について解説します。

動画固定を解除する
前へ19次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 対子手と順子手を天秤にかけながら七対子を作ったり、天秤にかけずに決め打ちすることがあります。その分岐点を解説します。

二萬三萬三萬四萬六筒六筒七筒七筒三索四索四索六索六索八索
二萬三萬三萬四萬六筒六筒七筒二索四索四索六索六索八索八索

 ドラは三萬です。七対子ドラドラの一向聴にとれます。しかし、順子手、刻子も含めた面子手も天秤にかけて進める場合は、上の手牌は八索、下の手牌は二索を切ります。ただし、下の手牌には大きな問題があります。

 下の手牌の問題は、四索四索六索六索八索八索と、飛び飛びで対子があることです。暗刻になればいいですが、五索七索を引くと、また嵌張の一盃口形が残り、門前では時間がかかりそうです。七対子の一向聴なのですから、ドラ表示牌の二萬を切って七対子一本にして、重なりそうな牌を残していくほうが、テンパイも早く和了点も高いと思います。ドラを1つ切ってでも鳴いて和了り、連荘を狙うといったような場合は、例外です。

 上の手牌は八索を切っても、三索四索二索五索待ちの両面形があります。五索を引くと四索六索の間に入り、もう1回二索五索待ちが残りますので悪くないです。また、六筒七筒を外したり、手牌を柔らかくほぐしていけます。このように、萬子・筒子・索子が両面形の七対子の一向聴形は、面子手と天秤にかけていいと思います。

前へ19次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ