第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

56.6巡目までのケース(約9分)

ここでは、早い段階での聴牌に対し、何を基準にリーチをするかについて解説します。

動画固定を解除する
前へ56次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 6巡目までの手牌で、ダマテンに構えるケースです。まず、満貫があれば黙ります。満貫があっても役がない場合にはリーチです。三色など、和了牌によって高目、安目がある場合は、安目の打点がそこそこであればリーチしてもかまいません。しかし、満貫が確定していればダマテンです。例えば、平和と一気通貫が確定していて、ドラもあるといった満貫確定の手を聴牌していればダマテンです。確実に和了りましょう。

一萬一萬五萬六萬七筒八筒九筒一索二索三索五索六索七索
一萬二萬三萬四萬四萬七萬八萬九萬四筒五筒六索七索八索

 ドラが無く平和のみをテンパイしています。両面形ですがリーチをかけないほうがいいです。3・6、4・7といった中に寄った待ちは、和了まで時間がかかります。1・4、2・5、5・8、6・9といった、端に寄った両面であれば、他家にとって要らない牌になりやすいので、リーチをかけてもかまいません。

一萬二萬三萬四萬四萬七萬八萬九萬四筒五筒六索七索八索

 打点がなく、中に寄っている手牌の場合は、赤を引いてくることを考えます。この手牌で言えば、赤五筒赤五索を待ちます。

一萬一萬五萬六萬七筒八筒九筒一索二索三索五索六索七索

この手牌で言えば、赤五萬赤五索を待ちます。両面とはいえ、早い段階の悪い待ちで無理する必要はありません。

六萬七萬八萬八萬九萬九萬五筒赤五筒六筒六筒白白北北

 もう1つは、七対子のケースです。6巡目までに七対子を聴牌しました。六萬七萬の待ちになりますが、ダマテンにします。最高でも残り3枚しかなく、六萬七萬など、相手が使っていそうな牌、使えそうな牌で待っていると、流局か、押し返されることもあります。もっと良い待ちになった段階でリーチをかけましょう。

一萬二萬三萬二筒三筒四筒九筒九筒一索三索七索八索九索

 カン二索待ちでドラは一萬です。役はありませんが、ここはダマテンにします。一筒を引くと、純チャン、三色、ドラ1で、ダマテンでも1万2000点、親なら1万8000点あります。四索を引くと平和の両面形に手変わりします。

七萬八萬九萬四筒四筒六筒七筒八筒二索二索二索六索七索

 五索八索待ちと良い待ちなので、リーチをかける人は多いとは思いますが、六萬が入れば、タンヤオ、三色になり、一つ前の例と同様に、打点が上がります。1枚替わるだけで満貫になるチャンスですので、2~3回、中盤の9巡目まで待ちましょう。その間に和了牌が出てしまってもかまいません。打点バランスを考え、純チャン、三色系の手や、タンヤオ、三色系の手で、リーチするとノミ手の可能性がある6巡目までの聴牌はダマテンにしておいたほうがいいです。

三萬四萬赤五萬六萬一筒二筒三筒六筒七筒八筒四索五索六索

 待ちが中に寄ったノベタンの聴牌です。七対子と同じ考えで、究極的には単騎ですから、良い待ちに変わるまで待ちましょう。場に萬子が安ければ、色に頼ってリーチでいいですが、序盤では色合いがまだ出ていません。

 6巡目までダマテンで構える手牌をおさらいします。満貫が確定している手牌はダマテンです。役があっても、平和のみの3・6と4・7待ちは、赤を引くまで待ちます。七対子とノベタンは、良い待ちになるまで待ちます。役がなく、1枚で打点が上がるときは中盤まで待ちます。

前へ56次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ