第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

6.孤立牌の選定(約3分40秒)

ここでは、デジタル麻雀として、和了りやすい牌、和了に近づける孤立牌について解説します。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 孤立牌とは手牌の中で浮いている牌です。どの牌が和了に近づくためには有効なのか解説します。

 孤立牌の選定では、第一に3と7を大切にします。2・3、7・8の両面形は、1番和了りやすい形です。1や9といった端の牌は使いづらいこともあり、捨てられやすいので、そこで待つのがベストです。2番目は2や8で待てる、3・4、6・7の両面形です。嵌張待ちは、1・3、7・9で間の2や8で待つのがいいです。従いまして、良い両面形、嵌張形を作るのは、3と7であることがわかります。

 次に4と6を大切にします。赤五萬赤五筒赤五索の隣には4か6が必要だからです。ただし、3や6、4や7の待ちが和了りやすいとは言えません。和了りやすいのは、やはり3と7を使った両面形や嵌張形です。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ