第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

96.2・8トイツの重み(約5分)

赤入り麻雀での優れた雀頭候補である、2・8について解説します。

動画固定を解除する
前へ96次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 赤5入り麻雀では、できる限り端のほうの牌を雀頭に選択しましょう。赤を引いた時に雀頭部分に変化があると、新しく頭を作らなければいけません。例えば、4と6はシュンツへの変化が生まれやすいので、頭として適切ではありません。5は赤を引いてきても暗刻で使えますから、問題ありません。赤を含む、タンヤオ・平和や喰いタンヤオが戦略的に有利な形で生まれてきますから、特にタンヤオが狙える手牌では、なるべく変化せずポン材としても優れた牌である、2と8が頭として適切です。2か8が雀頭だと、シャンテン数にもロスなくスムーズに和了に持っていけます。

四萬四萬七萬八萬九萬三筒四筒六筒八筒二索三索四索六索
二萬二萬七萬八萬九萬三筒四筒六筒八筒二索三索四索六索

 どちらもドラは九萬です。六筒を引いたとします。下の手牌は、雀頭として適切な二萬がありますので、シュンツを伸ばすことを考えて六筒をツモ切り、5メンツ目を想定して進めます。上の手牌は、四萬が雀頭ですので、四萬の周りの変化も考えて六索を切ります。索子の伸びを止めて、赤五萬ツモの受けを残します。このように上の手牌は下の手牌に比べて、ロスが生じやすく手牌の幅が狭くなります。

前へ96次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ