第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

オーラスの思考(土田のデジタル)

84.役牌の出が甘くなる1局(約5分50秒)

役牌に対する警戒が甘くなるオーラスで有効な仕掛け方を解説します。

動画固定を解除する
前へ84次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 オーラスは、各々の番手に合った目標の手牌を作りに行くため、白発中や南場の南といった役牌に対する警戒が甘くなり、簡単に出てきます。そのため、役牌の対子で高そうな手が狙えるときは、役牌からではなく数牌の部分から仕掛けても和了れることが多いです。中付け、後付けがオーラスでは特に効果的です。

三萬五萬七萬九萬一筒一筒四筒五筒六索六索七索南南

 南家で、ドラは一筒です。ダブ南、ドラドラで満貫を和了れば番手が上がります。三萬五萬七萬九萬の急所から仕掛けることを考えましょう。四萬をチーして六索を打ち、八萬をチーして五筒を打ちます。そして南をポンして四筒を切ります。萬子の一色と思われたとしても、早めに処理しようと南は出てきます。

 あるいは、六萬をチーして九萬を打ち、三筒をチーして三萬を打ち、南をポンする手順もあります。

一筒一筒南南八索六索七索三筒四筒五筒六萬五萬七萬

南ポンの前に八索をチーして、このような形になったとしても、喰いタンに見えますから南は出てきます。

一筒一筒南南八索六索七索三筒四筒五筒八萬七萬九萬

 最初に八萬をチーすると、さすがに南は出てきづらくなりますので、南ポンの前に八索のチーはしないほうがいいですが、それでもオーラスでは出てくる可能性がけっこうあります。

一索三索五索六索八索九索九索北北白白中中

 オーラスで満貫和了れば順位が変わるというときにホンイチの手が来ました。数牌から仕掛けてかまいません。いかにも索子の一色の手でも白中は出てきます。それぐらいオーラスでは役牌頼りの仕掛けが有効です。

前へ84次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ