ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

リーチのかけ方(土田のデジタル)

54.手止めリーチの有効性(約6分50秒)

ここでは、手止めリーチの有効性について3つの考え方を解説します。

動画固定を解除する
前へ54次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 親が、子供の手を止めるためのリーチを打つことの有効性に関して、デジタル的に解説します。手止めリーチというのは、往々にしてこちらの打点は低く、待ちはあまり良くありません。それでも、親のリーチというプレッシャーから子供が親のリーチを見て、手が止まるという状況を作り出すわけですから、手が止まらないような状況では意味がありません。次の3点を覚えてください。

 1つ目は、子方の河の3と7に注目してください。違う色の3と7が2つ、例えば三萬三筒三萬七筒などが出ていたら、もう手止めリーチは有効ではありません。このような場合には、ほとんど逆襲されます。タンヤオ牌ばかり捨てているような変則手のときは別ですが、普通の1・9・字牌から切り始めた河であれば、一向聴、もしくは好形の二向聴ですので気を付けたほうがいいです。

 2つ目は、1・2・8・9・字牌で待っているときは有効ということです。子方がローリングするにしても、やめるにしても、出てきやすいです。親がリーチをすると、リーチをかけなければ出てこない牌が出ることがあります。トイツ落としをしてくれたり、暗刻から1枚切ってくれたり、奇妙な出来事が起きやすくなります。

 3つ目は、連荘中は有効ということです。連荘している親に対して、子方はどうしてもひるみやすいです。

二萬二萬二索三索四索赤五索二筒四筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒

 1手替われば一気通貫や平和になりますし、索子が伸びれば平和、赤1の多面形になります。しかし、連荘中であれば手止めリーチが効果的です。早い聴牌であるほど有効ですが、早すぎると河の参考材料がないので、子方がまっすぐ進んでいくしかない状況になります。それでも、親の河に数字の牌がいくつか捨てられていれば有効です。7、8巡目ぐらいで手止めリーチを打つと、局面が長引いてツモ和了る可能性もかなりあります。連荘中の親のリーチが本手なのか、押さえつけなのか、判断がつきにくく、多くの場合は和了をあきらめてくれますので、和了れなくても連荘を維持できます。

前へ54次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ