第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

中盤の思考(土田のデジタル)

32.安全牌残しの形(約6分10秒)

ここでは、中盤において、攻守のバランスが取れた、安全牌の残し方について解説します。

動画固定を解除する
前へ32次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

 手牌は手広く構えたいですが、場面が煮詰まってくると、いつ立直がかかってくるか分かりませんので、押し返す力が手牌には必要です。安全牌が1枚あれば、気持ち的にも押し返しやすくなりますし、まず立直、一発をしのげます。2巡目以降は手牌の形が良ければ攻めますが、安全牌を切って立直といければ一番良いです。中盤の8、9巡目以降の安全牌の抱え方は、一つのテクニックです。早くに安全牌を抱え過ぎるのは、弱気ですし、手狭になります。安全牌を1枚残すということは12枚で戦うということですので、それなりの勝算がなくては残せません。

一萬二萬二萬三萬三萬三萬一筒二筒三筒四筒四筒二索三索西

 手牌にドラはなく、西は安全牌とします。1・2・3の三色模様の手牌です。西を切れば、四筒二萬が3枚になるか、三萬をもう1枚使える分、若干の受けの広さがあります。しかし、ここは安全牌を1枚残して、安定感のある一萬四萬待ちと一索四索待ちにしたいです。聴牌する枚数は少し減りますが、後々、3枚ある三萬が相手に当たりかねません。

 例えば、次に一索が入り、三色が確定し、三萬でロンと言われたら、後味が悪いです。これは一つのチャンス手ですから、西を残して三萬を1枚切るデジタル的な打ち方が良いです。攻守のバランスを取るには、中盤に入ったら、安全牌を残してもいい手牌かどうかを確認しましょう。

三萬四萬五萬六萬六萬七萬四筒赤五筒一索二索三索八索八索西

 ドラは一索です。平和形のドラ赤の一向聴です。安全牌の西をこのまま切り、六萬八索の暗刻の可能性を残したいところですが、中盤で手を広げ過ぎてしまうと、ぶつかり合ったときにロンされてしまいます。六萬を1枚切っても、二萬五萬八萬待ちの好形です。六萬八索が3枚になる可能性を追いかけるより、安全度も少し考えましょう。この打ち方が、勝率を高めていく形になります。

六萬七萬七萬三筒四筒六筒七筒八筒三索三索六索七索八索西

 タンヤオ、平和、三色形の一向聴です。三索七萬といった牌は暗刻になりづらく、また、相手に非常に必要とされやすい牌ですので危険です。

六萬七萬三筒四筒六筒七筒八筒三索三索六索七索八索西

 七萬を切った形です。6・7・8のタンヤオ、平和、三色の一向聴で構えておいたほうが安心感があり、押し返す力も手牌に加わってきます。

六萬七萬七萬三筒四筒六筒七筒八筒三索三索六索七索八索

 西を切った形です。相手からリーチがかかり、七萬で当たると悔やまれます。私的なデジタルでは、中盤でこれだけ手が整っているのであればチャンスです。押し返す意味を込めて、西の安全牌を残して、七萬を打ちましょう。これが安全牌残しの典型的な手牌です。

前へ32次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ