ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のデジタル

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

160.子方では安手仕掛けは極力しない(約4分)

負けているときの子方で安仕掛けをすると、局をつぶしてしまいます。

動画固定を解除する
前へ160次へ

土田のデジタル

ゲーム全体の概略(土田のデジタル)

シュンツの作り方(序盤編)(土田のデジタル)

シュンツの作り方(中盤編)(土田のデジタル)

トイツの作り方(土田のデジタル)

序盤の思考(土田のデジタル)

中盤の思考(土田のデジタル)

終盤の思考(土田のデジタル)

字牌の扱い方(土田のデジタル)

リーチのかけ方(土田のデジタル)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のデジタル)

仕掛けの基本(土田のデジタル)

リーチへの対応(土田のデジタル)

ラス前の思考(土田のデジタル)

オーラスの思考(土田のデジタル)

七対子と対々和狙いの識別(土田のデジタル)

ドラの取捨について(土田のデジタル)

赤ドラ入り麻雀について(土田のデジタル)

レーティング2000を達成するためには(土田のデジタル)

受けを強くするために(土田のデジタル)

ノーテン罰符の貰いかた(土田のデジタル)

カンチャンの評価(土田のデジタル)

カンチャンの外し方(土田のデジタル)

リャンカンの外し方(土田のデジタル)

タンヤオの作り方(土田のデジタル)

親番の心得(土田のデジタル)

雀頭の作り方(土田のデジタル)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その1)(土田のデジタル)

赤ドラ2枚持ちの進めかた(メンゼン手筋その2)(土田のデジタル)

 子方でマイナス1万点以上しているときに一番やってはいけないことは、安手で仕掛けて局をつぶすことです。無駄な局の消費をしないということと同時に、仕掛けても1000点、2000点の手をマイナス1万点の人がして無防備になって振り込んだりするというのは情けない負け方につながります。

一萬一萬二萬二萬五萬六萬四筒五筒七索八索八索中中

 ドラが四筒です。2枚目の中が出てきました。ポンして二萬を切っても、リャンシャンテンを和了って2000点です。とてもそのような仕掛けをしてうまくいくとは思えません。

二萬四萬六萬六萬八萬三筒四筒四筒二索二索四索六索七索

 子方で六索がドラです。三萬をチーして四筒を打って、八索をチーして、八萬を打って、タンヤオ、三色、ドラ1で3900点あればいいですけれども、二索が出てきてポン、二筒五筒待ちで他家のリーチとぶつかるには仕掛けが遠いです。子方で点数がないときに安手仕掛けをすると、和了れても局はつぶれてしまいます。

前へ160次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ