第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

タ行の麻雀用語

77.大明槓、タイムボカン、大役満、台湾麻雀、高目、高目取り(約5分20秒)

ここでは麻雀用語の「大明槓」、「タイムボカン」、「大役満」、「台湾麻雀」、「高目」、「高目取り」について解説します。

動画固定を解除する
前へ77次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

大明槓(ダイミンカン)

 例えば、手牌の中に一萬が3枚あるときに誰かが一萬を切りましたと。カンと言って、嶺上をツモってきて、ドラを増やしていく。つまり、手牌にあった3枚をいきなり見せて、この4枚目の牌をポンと同じようにしていただいていくと。カンの種類には大明槓、暗槓、加槓とありますが、これを大明槓といいます。

タイムボカン

 親が第1打に西を切った、次の人も、そのまた次の人も西を切った。ポン・チー・カンのない第1打に西西西と出たときに、北家の人が南など、1人だけ違う牌を捨てると1000点ずつ罰符を払うというルールがあって、タイムボカンといいます。ポン・チー・カンのない第1打に限り、1人だけ違う牌を切ったとき、何でもいいんです。三萬三萬三萬九萬とか。こういう面白いルールで遊ぶやり方もあるんです。

大役満(ダイヤクマン)

 大役満とは、天和や四槓子などの極めて珍しい役満、發の無い緑一色や四暗刻単騎待ちなどのダブル役萬として扱われることのある役満を、役満の1.5倍の点数とするルールです。

台湾麻雀(タイワンマージャン)

 タイマーともいいますけれども、台湾で行われている麻雀です。手牌は何と16枚で遊ぶんです。普通は13枚で遊ぶんですが、16枚。なぜかというと、花牌が8枚入っている。花牌は、持ってきたら端によけて、嶺上牌から1枚補充するというルールで、ドラですね。それから、形さえできていれば、役がなくても和了れます。ツモって和了ると、ロンの3倍の点数、つまりロンだと1人だけからしかもらえませんが、ツモれば3人から均等割の点数ではなくて、ロンと同じ点数を1人ずつからもらえるので、3倍になると。非常にツモがお得なルールでございます。そしてリーチがなくて、北場まで行きます。東場、南場、西場、北場というふうにゲームを行う台湾麻雀、タイマー。台湾に行かれたときに遊ばれてみてはいかがですか。

高目(タカメ)

 安目、高目といった言い方をよくしますが、三萬四萬二筒三筒四筒二索三索四索ともっていて二萬なら2・3・4の三色で高目だけど五萬だと安目だよとか。一気通貫をやっていて、一萬四萬七萬待ちで、二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬とできていて、一萬は高目だけど、四萬七萬は安目だよとか、手役の高目、安目、そういう言い方。あるいは、ドラが二萬で、二萬五萬で待っていて、ドラの二萬引かないで、五萬で和了っちゃったりすると安目なんですが、二萬で和了れば、高目ツモったよとかいう言い方をします。

高目取り(タカメドリ)

 高目取りというのは、麻雀の得点の計算方法で、例えば、こんな手牌があります。

九筒九筒一萬二萬三萬一索一索二索二索二索三索三索三索

 待ちは、一索一索二索二索三索三索 二索三索と分解すると一索四索で、一索で純チャン、四索で平和、一盃口ですね。九筒をツモってくると三暗刻、一索をツモってくると、これも三暗刻になるんですが、計算してみてください。ドラがないとして、ツモ三暗刻で取るのか、先ほど言いましたように、平和、ツモ、純チャン、一盃口で取るのかでは、段違いでございますね。ですから、高目で取りましょうと。うっかり間違えて、ツモ三暗刻だよというふうな計算の仕方は取らないというルールで行われておりまして、必ず高目取りで計算しましょうねという約束事でございます。

前へ77次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ