ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

13.打つ、右二、ウマ、裏、裏スジ、裏ドラ、裏目、右六、上ヅモ、上山(約6分40秒)

ここでは麻雀用語の「打つ」、「右二」、「ウマ」、「裏」、「裏スジ」、「裏ドラ」、「裏目」、「右六」、「上ヅモ」、「上山」について解説します。

動画固定を解除する
前へ13次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

打つ(ウツ)

 打つというのは、打っていく打牌のこと。麻雀を打つという話でもいいんですけれども、もう1つ意味合いがあります。放銃する、振り込む。「ああ、打っちゃったよ」。相手にロンされるという意味です。打つ。2通りの意味があります。

右二(ウニ)

 右二。ウニ好きだな、お寿司で私。そうじゃないんです。右の二って書きます。親がサイコロを振って2が出たら、右側の2番目から取り出します。これを右二、右の2から取り出す。右二といいます。

ウマ

 馬好きですね。私、本当、馬大好き。予想するのも大好き。でも、麻雀の場合には、ウマというのは順位ウマのことで、トップ取ったり、2番手だったり、3番手、ラス、いろいろあると思うんですが、それにプレミアが付いているということで、ウマが付いているよということで、ラスを引いたらマイナス12ポイントとか、トップを取ったらプラス12ポイントとか、おまけが付いているということをウマといいます。

裏(ウラ)

 裏。これは裏ドラのことだと思っている人が多いと思いますが、まさにそのとおりでございまして、ただ、もう1つ、裏ドラ以外の意味があります。東場が終わると南場に入りますね。北海道は東場の後、北場なんですが、裏場に入るという意味で、南場のことを裏と呼んでいることもあります。裏に入ったねという言い方をすることがあります。

裏スジ(ウラスジ)

 裏スジ。これは覚えなくていいと思うんですけどね、皆さん。何やってんだって? もう嫌ですね。見ただけで嫌になってくるね。ゆっくり聞いてください。一萬が切られていました。そうすると、その裏スジは一萬の隣の筋、二萬五萬、これを裏スジといいます。二萬が切られていました。裏スジはといったら、隣のスジ、三萬六萬三萬が切られていました。隣のスジ、四萬七萬四萬が切られていました。隣のスジ、五萬八萬。隣でも三萬はないですよ。三萬から下のスジはありませんから。五萬が切られていました。これは、隣同士、六萬九萬一萬四萬、裏スジといいます。

 では、六萬が切られていました。これは二萬五萬、隣のスジ。七萬はないですよ。七萬があってもそれより上のスジはないですから。では、七萬の裏スジ。これは、隣は六萬、スジが三萬八萬の裏スジ。隣は七萬、そのスジが四萬九萬の裏スジ、最後ですよ。隣が八萬、スジが五萬九萬の裏スジは五萬八萬。とにかく隣の牌のスジを裏スジといいます。切られている牌の隣の牌。七萬の裏スジはといったら、隣、六萬三萬三萬六萬が裏スジになると。そういう話でございます。

裏ドラ(ウラドラ)

 裏ドラ。立直をかけて和了ったときに、表ドラが今四萬。裏ドラは? 裏をめくりますね。五萬、裏ドラ。和了った。裏ドラ見て。「裏ドラ発、持ってないや」とか、そういう話で、表ドラの下ですね。表ドラの下に裏ドラがある。立直をかけて和了った人は見る権利があるということです。

裏目(ウラメ)

 裏目というのは、今、七萬なんか来ないだろうなと思って、八萬九萬と落として、その後に七萬を引いてきた。「ああ、裏目だよ、これ裏目」。要するに、自分が描いた方向があったとして、要らないなと思う部分があったとして、それを外していったときに、そっちが来ちゃった。ああ、裏目だよ。裏目を引いているときは、あまり攻めないほうがいいですね。ああ、裏目引いちゃったよと。特に迷って選択しているときがありますね。ある両面とある両面形を選択して、こっちの両面を嫌ったらこっちが来ちゃったというときは、もう出番じゃない。裏目を引いたからということです。

右六(ウロク)

 右六。ミギロクともいうんですけども、右六。これは、親がサイコロで出した目、右二と一緒です。右側から取り出す6番目。6が出たら右側の人から取り出すということで、右六となっています。

上ヅモ(ウワヅモ)

 上ヅモ。山の上側が上ヅモ。下が下ヅモですけど、上ヅモといわれたら、山の上側の牌1つ1つを指します。下にあるのは上ヅモではありません。上側のツモ、上側をツモってくるときに上ヅモといいます。

上山(ウワヤマ)

 上山。上ヅモと似ているんですけど、山が積まれてあって、上山はといわれたら、山の上にある牌すべてです。上側に積まれている山、牌たち、上山といいます。

前へ13次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ