ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

13.打つ、右二、ウマ、裏、裏スジ、裏ドラ、裏目、右六、上ヅモ、上山(約6分40秒)

ここでは麻雀用語の「打つ」、「右二」、「ウマ」、「裏」、「裏スジ」、「裏ドラ」、「裏目」、「右六」、「上ヅモ」、「上山」について解説します。

動画固定を解除する
前へ13次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

ラ行の麻雀用語

ワ行の麻雀用語

打つ(ウツ)

 打つとは、打牌のことです。麻雀をするという意味でも使われます。また、放銃する、振り込むという意味もあります。

右二(ウニ)

 右二とは、親がサイコロを振って2が出たときにいいます。親の右側の人の山の2番目から配牌を取り出します。

ウマ

 馬とは、順位ウマのことです。ゲーム結果の順位に応じて、点棒の得点とは別に加点減点します。

裏(ウラ)

 裏とは、裏ドラのことです。また、一般的には東場が終わると南場に入りますが、この南場のことを裏ともいいます。

裏スジ(ウラスジ)

 裏スジとは、基準となる牌の隣の筋をいいます。例えば、五萬の裏筋は、一萬四萬六萬九萬です。

裏ドラ(ウラドラ)

 裏ドラとは、表ドラの下にある牌を表示牌とするドラのことです。立直をかけて和了ったときに、裏ドラを得る権利があります。

裏目(ウラメ)

 裏目とは、打牌の選択とツモが合致せずに、捨てた牌に絡むツモが来てしまうことです。

右六(ウロク)

 右六とは、親がサイコロを振って6が出たときにいいます。親の右側の人の山の6番目から配牌を取り出します。

上ヅモ(ウワヅモ)

 上ヅモとは、ツモ筋が山の上段になっていることです。下段は下ヅモといいます。

上山(ウワヤマ)

 上山とは、山の上段の牌全てをいいます。

前へ13次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ