ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

サ行の麻雀用語

48.3枚壁、3枚自摸、三面張、三面待ち、三連刻、三萬(約4分20秒)

ここでは麻雀用語の「3枚壁」、「3枚自摸」、「三面張」、「三面待ち」、「三連刻」、「三萬」について解説します。

動画固定を解除する
前へ48次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

3枚壁(サンマイカベ)

 3枚壁とは、自分の目から3枚見えている牌を壁として考える戦略です。3枚壁は、攻めるときも守るときも利用する言葉です。自分の目から3枚見えている牌。例えば、八索八索八索三萬三萬三萬が見えています。相手からリーチかかったら、これがいわゆる壁役になって、3枚壁となります。その外側の一萬二萬、あるいは八索の外側の九索は安全かなということで、3枚壁を頼りに守りを作っていく作戦がとれます。

 また、攻めるときも、三萬が場に3枚見えていたりすると、一萬はみんな使えない、使いづらい牌になります。この一萬と何かのシャンポンでリーチをかけるなど、3枚壁を利用して、その外側で攻めていく。あるいは、三萬八索も3枚ずつ見えていたら、一萬九索の待ちでリーチしたら最強です。3枚壁の外で使えないだろうなという牌、こんな牌で待ってないだろうなと思う牌。それを逆に、自分が安全だと考える読み方を利用して、3枚壁を利用して攻めていく。どの牌が3枚壁になっているかをいつもチェックしながら麻雀をするといいと思います。

3枚自摸(サンマイヅモ)

 3枚自摸とは、山から牌を取ってくるときに3枚持ってくる如何様技です。山から牌を取ってくるとき、普通は1つだけ持ってきます。でも、3枚持ってくる人がいるんです。非常に高度な技なんです。1枚持ってくるときに3枚持ってくる。こういう如何様技があるんです。3枚持ってきたら楽ですよね。

三面張(サンメンチャン)

 三面張とは、待ち牌が3つあることです。手牌にこのような牌があります。

三索四索五索六索七索
四筒五筒六筒七筒八筒

上の牌姿の待ちは、二索五索八索です。下の牌姿の待ちは、三筒六筒九筒の3ヵ所で待っています。これを三面張といいます。

三面待ち(サンメンマチ)

 三面待ちとは、待ち牌が3つあることです。三面待ちはイコール三面張です。

三索四索五索六索七索
四筒五筒六筒七筒八筒

上の牌姿は、二索五索八索の三面待ち。下の牌姿は、三筒六筒九筒の3ヵ所で待っています。三面待ちと覚えておきましょう。

三連刻(サンレンコー)

 三連刻とは、連続した3つの数字の牌が3つずつ揃っているときの役です。このような形です。

四萬四萬四萬五萬五萬赤五萬六萬六萬六萬
一索一索一索二索二索二索三索三索三索

三連刻はポンしても成立します。四萬をポンしていても、二索をポンしていてもいいんです。つまり、連続した3つの数字の牌を3枚ずつ揃えると、ローカルルールの三連刻という役になります。役の数は2翻役などと決めています。気の合った4人の仲間でやるときに、「今日のルールは三連刻あるの?」と聞かれたりするかも知れません。そのときは、このことだと思ってください。連続した3つの数字を3枚ずつ揃えるということでございます。

三萬(サンマン/サンワン)

 三萬とは、萬子の3です。

三萬

これが三萬です。

前へ48次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ