ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

カ行の麻雀用語

22.壁、壁打ち、壁ひっかけ、壁役、カボチャ、上家、上家取り、カモ、かもラス、空切り、空行為(約9分43秒)

ここでは麻雀用語の「壁」、「壁打ち」、「壁ひっかけ」、「壁役」、「カボチャ」、「上家」、「上家取り」、「カモ」、「かもラス」、「空切り」、「空行為」について解説します。

動画固定を解除する
前へ22次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

壁(カベ)

 壁とは、対局者全員に4枚見えている数字の牌。何でもいいんです。特に2から8までの数字の牌と言い換えてもいいかも知れません。二萬が4枚見えているとか、三萬が4枚見えているとか、七萬が4枚見えているとか、五萬が4枚見えているとか、すでに皆さん、対局者全員が、4枚ないんだなと。もう全部見えているんだなという牌を壁とみなします。この壁を利用して、いろいろな戦略が立てられることが麻雀では多いんです。

壁打ち(カベウチ)

 壁打ち。普通麻雀は手牌は自分の卓のヘリから少し離して打つんですけれども、その手牌を自分の打っているへりにくっつけて打つ。牌を持ってきて、ヘリにぶつけてから打牌する。(動画をご覧ください。)手牌をへりにくっつけて、引いてきた牌を壁にぶつけてから捨てる。これを壁打ちというんですけど、この打ち方をする人、けっこういます。武闘派に多いんです。

壁ひっかけ(カベヒッカケ)

 壁ひっかけとは、壁として七筒がもう4枚見えているとすると、八筒ですとか九筒ですとか、順子として使えませんよね。壁の外側の牌になるわけですから。そういった牌をシャンポンで待っていたりする。そうすると、七筒が4枚見えているから、壁の外側なので安全だろうなと思わせて、八筒とか九筒で待っている。4枚見えている壁の外側で待っている。あるいは三萬が4枚見えていて、二萬一萬で待つこと。これを、壁ひっかけといいます。壁ひっかけにひっかからないように。あるいは、逆にいうと、壁ひっかけを作って立直すると和了りやすかったりします。

壁役(カベヤク)

 壁役は如何様の世界の話でございまして、特に女性を使ってやる場合もありますけれども、一緒に同伴してきて、ちょっと後ろで見させてくださいと言って、見ていることがあります。特に、自分の友達の後ろで見るのではなくて、その友達が逆側に座ったときは要注意です。自分が座っていて、仲間が対面にいて、壁役として、聴牌したよとか、一向聴だよとか、二向聴だよとか、あるいは筒子が危ないよとか、萬子が危ないよとか、索子が危ないよとか、指でサインをさり気なく送るわけです。そうすると、もう打ちやすくてしょうがない。壁役がいるんだもん。これは通しのサインを出してくれるという言い方をしますけれども、壁役が如何様をするときには本当に大切な役割を担うということになるんですが、現代ではそうそうそういう場面はないかもしれませんね。

カボチャ

 南、カボチャに見えますか。南、見えない。でも、カボチャって漢字でどういう字。南瓜って書くでしょ。南瓜、南の瓜って。そこからも来ていると思うんです。南はカボチャって。カボチャみたいな南だと思ってください。

上家(カミチャ)

 上家は上の家と書きます。自分が座っている席から見て、上家は左隣、つまり自分の手番の手前の人。上家が切ってから自分がゲームをすると。上家が切ってから自分はツモに行くと。自分の左側に座っている人を上家といいます。

上家取り(カミチャドリ)

 上家取り。これは、2人当たり、3人当たり、ダブロンとかトリプルロンとかがないルールのとき、同時に複数の人が和了ったときに誰が和了れるのかというと、上家が優先なんです。振り込んだ人から見て、上家の自分が和了って、下家も和了った場合には、自分が振り込んだ人よりも近いですから、上家取りで自分が和了れると。それから、ダブロン、トリプルロンあるルールでも、立直棒はどっちがもらえるんだと。積み棒はどっちがもらえるんだと。これも上家取りとされております。つまり、振り込んだ人に近い側。順番からいって、ツモる順番が近い側の人が優先して供託棒をいただけるという仕組みになっていて、それを上家取りという言い方をします。

カモ

 カモがネギ背負ってきているよとか、もう日常茶飯事に使われる言葉でございますけれども、よく負けてくれる人。「あいついるときはいいじゃん。あいつカモだもん」という言い方をするんです。あなた、カモになっちゃいけませんよ。カモはもっと成長して、羽ばたいていかなきゃいけませんから、カモは駄目です。

かもラス(カモラス)

 かもラスとは、このゲームで麻雀、これで引き上げようかな、このゲームでやめようかな、でも、もしかしたらもう1回できる、早く終わればできるかな、もうちょっと気分が変わったら、今ちょっとこのメンバーでやっているときついから抜けようかなとか思って、半信半疑でやっているときにお店のスタッフの人にかもラスですと言うんです。もしかしたらラス半というか、このゲームで席を立ちますよというときに、かもラスという言い方をするんです。「もしかしたらラス半です」という言い方が短縮されて、かもラスということになっています。

空切り(カラギリ)

 空切り。牌を持ってきました。ちょっと考えて、四萬を切ります。そうすると、「あれ、何かこの人、四萬の周りが危ういのかな」というふうに判断されるんですが、実はもう聴牌していたんです。手牌の中はこれ。

二萬三萬四萬三筒四筒五筒赤五筒五筒二索三索四索八索八索

 四萬を持ってきて、高いところで八索がドラとして、タンヤオ、ドラ3。二筒が出ればタンヤオ、三色、ドラ3というビッグな手でございます。そんな手を悟られまいとして、四萬を持ってきたんだけど、ちょっと考えて、さも訳あり気に四萬を切る。これが空切りなんです。

 こういう捨て方をして、萬子のほうが危ないんだって、注意を萬子に持ってきておいて、筒子の高めが待っていると。恐ろしいやり方なんですけれども、これを空切りといって、けっこう癖になってやっている人が多いですね。

 でも、例えば三筒持ってきて、三筒を空切りしたら、おばかさんですよ。だって、待ちのところなんだもん。二筒五筒八索待ちのところをわざわざ手の中から出すのはおばかさんで、こういうときは三筒をツモ切りすると。ツモ切りすれば、ちょっと分かりにくいんですけど、三筒を持ってきて、三筒を空切りすると、この周りがマークされやすいですから、これじゃあもう話にならない。空切りというのは、ある牌を持ってきて、手の中にある同じ牌をさも、手出しなんですけども、手から出したように見せかけたいというときに使います。

空行為(カラコウイ)

 空行為とは、例えばポンと言って、ポンじゃなかった。取り消すときね。ポンじゃない、ポンじゃない。チーと言って、チーじゃない。要するに、空振りね。ロンと言って、ロンじゃない。空ロン、空チー、空ポンといって、決めにもよるんですけど、1000点出してゲーム続行とか、厳しいところになると和了放棄とか、罰が何でもないところもあります。仲間内でやっているときは、「何だ、ポンじゃなかったんだね」で済むようなところもありますが、とにかく発声したんだけど、行為としては実際にはしないということを空行為といいます。

前へ22次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ