第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

タ行の麻雀用語

104.聴牌連荘、テンパネ、点棒、天和、対3、対死(約2分20秒)

ここでは麻雀用語の「聴牌連荘」、「テンパネ」、「点棒」、「天和」、「対3」「対死」について解説します。

動画固定を解除する
前へ104次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

聴牌連荘(テンパイレンチャン)

 流局したときに親が聴牌していれば連荘できるルールのことです。

テンパネ

 符計算で、1の位を切り上げて計算するときに、テンパネという言い方をします。

点棒(テンボウ)

 点数の支払いなどでやり取りする棒です。

天和(テンホウ)

 親が最初の14枚で和了っていると、成立する役満です。

対3(トイサン)

 配牌を取り出すときのサイコロの出目が3で、対面の山の3番目から取ってくる。これをトイサンといいます。

対死(トイシ)

 自分と相手に同じ牌のトイツが入っていて、鳴きたいのに鳴けない持ち持ちの状態を対死といいます。

前へ104次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ