第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

10.一色手、一色同順、一色二順、1センチ、一通、一手変わり、一点読み、一発、一発消し、イッペキ、一本場(約7分40秒)

ここでは麻雀用語の「一色手」、「一色同順」、「一色二順」、「1センチ」、「一通」、「一手変わり」、「一点読み」、「一発」、「一発消し」、「イッペキ」、「一本場」について解説します。

動画固定を解除する
前へ10次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

一色手(イッショクテ)

 一色手。これはもう皆さん、お分かりだと思いますが、萬子なら萬子、筒子なら筒子、索子なら索子、字牌が含まれているとホンイチ、含まれていないとチンイチになりますが、それが一色手。一色だけ集めて和了るという手のことを指して一色手といいます。

一色同順(イッショクドウジュン)

 一色同順。これは一盃口(イーペーコー)のことです。ある一色で同じ組み合わせを作ると。一色同順。中国読みではちょっと違う読み方をしますが、一色同順(イッショクドウジュン)というふうに覚えておいてください。

一色二順(イッショクニジュン)

 一色二順も一盃口(イーペーコー)と同じでございます。一色で同じ順子が2組あるという意味です。二筒三筒四筒二筒三筒四筒、一色二順。一盃口と同じです。

1センチ

 1センチとは、ポン・チーして、白をポンします。次に九索ポン。三索チー。そして、二萬チーって。これ、4副露するんです。そうすると、1枚だけ残りますね、待ちが。これを1センチというんです。イコール裸単騎。したことあります。私、裸単騎、大好き。1センチ大好き。はい、西ロンって。こんな快感ないですよね。1枚しかないのにこれが一致しちゃうんですから。1センチ。

一通(イッツウ)

 一通は、一気通貫(イッキツウカン)の略称です。どの色でもいいです。萬子、筒子、索子。1から9まで、1・2・3、4・5・6、7・8・9、そろえることが一気通貫という役でしたけれども、それを略称で一通といいます。

一手変わり(イッテガワリ)

二萬三萬四萬一筒二筒三筒九筒九筒一索二索三索七索八索

 良い手ですね。何が欲しいですか。今、六索九索で聴牌、六索九索で和了れる形になっていますが、一萬さえ四萬と替われば、純チャン、三色になるじゃないですか。この一手変わるのを待っている状況です。一手変わりすればいいのにな。一手変わりしてほしいなと。一手変わり。お分かりいただけましたか。

一点読み(イッテンヨミ)

 一点読み。これはなかなかできないんですけれども、私。ほとんど当たらないんですけれども、立直がかかったとき、あるいはもう仕掛けが入っていて、ポン・チー入っていて、聴牌しているなと感じているとき、あるいは門前で闇聴しているときでもいいです。「おまえの待ちは一萬四萬だろ」とか、「見え見えの白単騎だろ」とか、「二索五索だろ、その待ち」とか言って、一点で読む。一点読みですから、ほかの牌は全部勝負する。「ほら、一点読みだろ」みたいな、そういう話。一点読みというのは、相手の待ちを一点で読む技術のことでございまして、なかなか難しいですよ、これ。言っている人ほど当たらないって思ってください。

一発(イッパツ)

 一発は、立直がかかったとき、立直をかけたときに、その立直をかけた人が最初のツモをやってくるまでに和了り牌が出たり、あるいは最初のツモで和了ったとき、チー・ポン・カンが入らないで、立直をかけた1周、この最中にロンなりツモなりで和了ったときには、一発という役がプラスされます。一発とか言いますけれども、あんまり口に出しちゃいけませんよ。役で数えるときは立直、一発、ツモとか言いますけれども、一発目で和了ることです。1巡以内に和了ると。

一発消し(イッパツケシ)

 一発消しは、立直がかかって一発で和了られたら嫌だなと思ったときに、チーとかポンして、チー・ポンが入ると一発という役が自動的に消えますから、カンでもいいんですが、一発という役が消えますから、それを目的として消す人。嫌な人ですね。私もやります。どうもツモられそうだなと思ったら、一発消します。チーとか言って。三萬四萬五萬って持っている五萬をチーして、持っているのにわざわざチーして一発を消すと。そういう話でございます。

イッペキ

 イッペキ。イッペキ=一盃口のことでございます。何度も登場していますね。一色同順とか、一色二順とか、いろいろ言いますが、イッペキというのも一盃口のことです。覚えなくてもいいかな。

一本場(イッポンバ)

 一本場は、親が連荘するとき、連荘というのはもう1度親ができるとき。あるいは、前の人が親だったんだけれども、みんなも親もノーテンで流局して、親が回ってくるとき、あるいは自分が初めて親が来て、和了ったり、あるいは流局して自分が聴牌しているとき、もう1回親できますよね。もう1回親できますよということで、一本場ということで100点棒で示します。最初に、連荘というんですけれども、親が重なると。親が連荘するスタートが、一本場ということでございます。

前へ10次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ